オンラインカジノ用語を説明してみた

現代にはオンラインカジノがあるため、自宅にいながらカジノを楽しむことができます。ただ、カジノならではの使い慣れていない言葉が使われるので、特に慣れていない人は遊んでいく中で言葉の意味が理解できないということも起こるでしょう。必須ではありませんが、遊ぶ前に最低限は知っておいた方が得でしょう。今回は、オンラインカジノのあまり聞きなれない言葉を解説していきます。

オンラインカジノ用語

①ジャックポット

日本語で「大当たり」のことです。ルーレットやスロットゲームなどで配当が最も高いものを指すことが多いです。ジャックポットが無いゲームもあります。

②フリースピン

フリースピンとは、スロットゲームで出てくる用語で、無料でスロットを回すことができます。フリースピンで獲得した金額も出金することが可能です。ただし、出金条件がある場合もあるので、確認が必要になります。

③〇〇ボーナス

オンラインカジノは数多くの種類があります。たとえば、登録ボーナス、入金ボーナス、ビギナーズボーナス、など。前述のフリースピンもボーナスの一つです。

④ハウスエッジ

日本語では控除率という意味で、カジノ側の取り分を指します。ハウスエッジが低いゲームの方がプレイヤー側の獲得できる金額が高くなります。遊びはじめは、簡単にオンラインカジノの情報を調べてから遊ぶと良いでしょう。

⑤ワイルドシンボル

スロットゲームで遊んでいる時によく出てきます。スロットゲームは絵柄を揃えるゲームですが、ワイルドシンボルは他の全ての絵柄に置き換えられる絵柄になります。トランプで言うところの、ジョーカーのようなものです。

まとめ

今回はカジノでよく出てくる用語の一部を紹介しました。ただ、今回取り上げていないものも数多くあります。また、ゲームごとに特有の用語もあるので、遊ぶゲームを決めた後で一度そのゲームの用語について調べてみるのもいいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。