【解説】大人気ソニーのワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』を紹介!

みなさん、SONY(ソニー)のワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』をご存知でしょうか。

今やいろんなメーカーのワイヤレスヘッドホンが発売されており、ワイヤレスでノイズキャンセリング機能がついているヘッドホンまでもが市場に出回ってきました。

そんなたくさんのワイヤレスヘッドホンが販売されている中でこの『WH-1000XM3』は異彩を放っています。

1年前に発売されましたが未だに根強い人気を誇っているヘッドホンです。

なぜそんなに人気なのでしょう。

・そのヘッドホンの最大の魅力ってなに?

・他のワイヤレスイヤホンとはなにが違うの?

という疑問をお持ちの方が多いと思います。

そんな疑問を解決するためにこの記事ではSONY(ソニー)『WH-1000XM3』を購入した私が、実際に使ってみて感じた魅力をみなさんにお伝えしますね!

WH-1000XM3』の最大の魅力!業界最高クラスのノイズキャンセリング機能!

なぜこんなにワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』がこんなに人気なのか。

ノイズキャンセリング機能がとにかくすごいんです。。。

どのヘッドホンと比べてもこのSONY(ソニー)『WH-1000XM3』のノイズキャンセリング機能に勝てるヘッドホンは今のところはまだ無いと言われています。

なぜそこまですごいのか。

それはソニー独自開発の『高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1』が搭載され、これが前モデルと4倍性能が上がり、ノイズキャンセリング機能が向上。

この機能が業界最高クラスのノイズキャンセリング機能になりました。

私も実際に使ってみてこの機能にとっても驚きましたね!

特に効果を感じるのは飛行機と新幹線です。

飛行機や新幹線で音楽を聴こうと思うと普段よりボリューム上げませんか?

雑音が入りすぎていつも聴けているボリュームだとなかなか聴こえないですよね。

そんなときにノイズキャンセリング機能を使用すると周りの雑音がかき消されます。

これが本当にすごい!静かな環境で音楽が聴けるんですよ!

ボリュームを上げる必要がなくいつもの静かな環境で音楽を聴くことができます。

この『WH-1000XM3』は業界最高クラスのノイズキャンセリング機能が最大の魅力です!

ハイレゾ相当の音質!?ワイヤレスヘッドホンの常識を覆す高音質!

ワイヤレスはどうしても有線と比べると音質が劣ってしまう印象がありますよね。

SONY(ソニー)『WH-1000XM3』はワイヤレスでも音質にこだわっています。

ソニーと言ったらハイレゾ音源です!

ハイレゾ音源とはCDの音源で入りきらなかった音の情報量をたくさん持っていて、普通のCD音源よりもリアルな音が聴けます。

そのハイレゾ音源はCDとは別のコンテンツで販売されているので、ハイレゾ音源のコンテンツを購入しないと聴けません。

しかし、『WH-1000XM3』このハイレゾコンテンツでなくてもハイレゾ相当の高音質に変換してくれます!

先程も説明したソニー独自開発の『高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1』が音源を自動で高音質に変換してくれるのです。

実際に私も使用してみて有線のヘッドホンと比べてみても、音質の劣化を感じることはありませんでした!

むしろ普通のヘッドホンより高音質に聴こえますね。これはすごいです。

さらにノイズキャンセリング機能でさらに綺麗な音質で聴けますよ!

耳元でプレーヤーをかんたん操作!周囲の音も取り込む機能!

わざわざペアリングしてあるスマフォをポケットからだして画面を操作していませんか?

『WH-1000XM3』なら耳元で簡単に操作ができるのです!

ヘッドホンの右側のハウジング部分にタッチセンサーコントロールパネルがあります。

このパネルを指でタップしたりスライドなどの操作をすると、

  • 曲の再生/一時停止
  • 曲の送り/戻し
  • 音量の調整

などの簡単な操作ができますよ。

さらに、ヘッドホンにマイクも付いているので、電話の着信を受けてそのまま会話をすることも可能です!

これは便利ですね!

また、iPhoneであればSiri、AndroidであればGoogleといった音声アシスタント機能も使用できます。

なので、スマフォで操作せずに、音楽を再生させたり、電話をかけたりすることも可能です!

そして、周囲の音も取り込む機能もあります。

ハウジング部分のタッチパネル全面を手で触れている間は、一時的に音楽の音量を絞り、ヘッドホンについたマイクで周囲の音を取り込で外の音を聞きやすくしてくれるのです。

すぐに周囲の状況を判断したいときにすごく便利なんですよね。

外で使用していると本当に周囲の音が聴こえないです。

私は電車に乗っている時に乗り過ごしていないか確認するときにアナウンスを聴きたいときに使用しています!

わざわざヘッドホンを外したりスマートフォンで曲を止めなくてもタッチパネルを使用すれば楽ちんですね!

 

低反撥ウレタン素材を使用して耳を包み込こんでくれる快適な装着感!

ヘッドホンは付け心地も大事ですよね。

つけ心地の悪いヘッドホンは長時間使っていると耳が痛くなったりして付けていると疲れてきたりしてきます。

使用したくなくなりますよね。

『WH-1000XM3』は長時間付け続けていても快適に使用できて付けていて疲れたりとかはしません!

その秘密にはイヤーパットにあります。

イヤーパットに低反撥ウレタン素材というのを採用しており、側頭部への追従性が上がり、頭部にかかる圧力も分散されるようにできています。

また、頭頂部にもクッションがあるので長時間でも快適に使用できますよ。

わたしも長時間ヘッドホンを着用していますが、耳をきれいに覆ってくれているので、長時間着用していても耳が痛くなったりとかはありません。

また、イヤーパットが完全に耳を包み込むようにできているため、快適な装着性と気密性を高めています。

この高い気密性によって音漏れを全くしません!

外でも使用しても心配ないですね。

ヘッドホンを長く使用していくならつけ心地の良いヘッドホンを選びましょう!

コンパクトに折りたためて軽い!外にも手軽に持ち運び!

ヘッドホンって外に持っていくと意外と荷物になることってありませんか?

かばんの中に入れていたら折れていたなんてこともあります。。。

しかし、『WH-1000XM3』はコンパクトに折りたためちゃうんですよ!

ヘッドホンでも荷物にならないんですよね。ありがたいです。

しかも専用のヘッドホンケースも購入した際に付属で付いてくるので、それを使用すればかばんの中にも安心して入れておけます。

また、付属品で充電が切れた際にヘッドホンの有線接続用コードや、航空機アダプタ、充電用のUSBコードが付属されたケースに一緒に入るようになっているので、持ち運ぶときはケースに全部入れて持ち運びができます。

重量も軽いですから荷物が重くなる心配もありません!

私も外に出かけるときは必ず持ちだしています。気軽に持ち運べますからね!

機能盛りだくさんのヘッドホンなのに持ち運びも手軽にできちゃうなんてすごいですよね。

お持ちのスマートフォンとペアリングして専用のアプリで好みの音質に!

お持ちのスマートフォンで必ずヘッドホンとペアリングしますよね。

専用アプリ『Headphones Connect』を使用すれば、サウンドエフェクトなどを自分の好みにカスタマイズもできちゃいます!

これがすごい便利なんですよ。

音響設定では

  • アリーナ
  • クラブ
  • アウトドアステージ
  • コンサートホール

これら4つの音場設定を選んで音楽を楽しむことができます。

これだけでなく、イコライザー設定もできるので自分のお好みの音に変えたりすることもできますよ。

普段聴いている曲もまったく違う雰囲気に変えることもできるので飽きることがありません!

あとは音が聞こえる方向を変えたりもできます。面白いですよね。

他にもいろんな機能や設定をアプリでできるので、かならずお持ちのスマートフォンでアプリをダウンロードしてペアリングをしてくださいね!

WH-1000XM3』は最強のワイヤレスヘッドホンで間違いなし!

いかかだったでしょうか。

SONY(ソニー)の『WH-1000XM3』はとても魅力のある製品です。

実際に店頭に足を運んで実機を体験してみることをおすすめします。

特にノイズキャンセリングは実際に実感してみてください。とても感動しますよ。

わたしも『WH-1000XM3』を使用してみて、もうノイズキャンセリング機能が付いたヘッドホンから離れられなくなりました。

このヘッドホンで音楽を聴くのが楽しくなりました。

ワイヤレスなので有線でストレスを感じていた自分はとても開放感があり、使用感にストレスを感じることはなくなりました。

特に移動中の際は非常に効果が実感できて、周りの雑音を消して、音楽にしっかり没頭できます。

勉強をしていて雑音が気になる人がいるならこのヘッドホンを使えば一発で解決するでしょう。

色は2色展開で、白と黒があります。

値段は公式価格で39.880円(税抜)となります。

少し値段は高いかもしれませんが、値段以上の価値が十分にある製品です!

また、専用のアプリ『Headphones Connect』とペアリングすればいろんな機能を使えて楽しめるヘッドホンになっています。

是非、購入を検討していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA