ヘッドホンといえば、BOSE(ボーズ)!Bluetoothを利用した海外ブランドの魅力をご紹介

いつでもどこでも音楽を楽しめるようになってきた昨今、欠かせない存在になりつつあるヘッドホン。今や多くのメーカーが製造しています。ソニーやオーディオテクニカといった国内メーカーが有名ですが、BOSE(ボーズ)やビーツといった海外メーカーにも多くのファンがいます。

国内メーカーの第一人者であるソニーのヘッドホン

日本を代表するメーカーであるソニー。テレビやカメラなどをはじめ、音響機器も多く製造しています。ヘッドホンのラインナップも多く、有線タイプやワイヤレスタイプ、携帯性に優れるモデルやデザイン性に優れたモデルなど、様々なタイプが販売されています。また、近年注目されているハイレゾによる高音質を楽しめるほか、周囲の騒音を低減するノイズキャンセリングに対応した製品も多くあり、ヘッドホン市場を牽引してきた存在と言って良いでしょう。

Bluetoothヘッドホンの魅力

様々なタイプの製品があるなか、注目すべきはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンです。

ワイヤレスヘッドホンの強み

コードがないことです。カバンの中で絡まる心配もなく、人混みでどこかに引っかかることもありません。また、屋内での使用時にも、オーディオ機器から離れることができるため、ながら作業が可能です。このように、通勤中でも自宅でも、よりスマートに音楽を楽しむことができるのが、Bluetoothヘッドホンの魅力でしょう。

ワイヤレスヘッドホンの方式

赤外線、無線、Bluetoothと3タイプがありますが、Bluetoothタイプは赤外線タイプよりも音質が良く、無線タイプよりも低価格であることなどから、様々な機器に搭載されている人気の高いタイプとなっています。

海外ブランドのBOSE(ボーズ)

アメリカのメーカーであるボーズのヘッドホンは、重低音に定評があり、日本国内にもファンが多いメーカーです。

ワイヤレスに特化

現在販売されている最新のヘッドホンはすべてワイヤレス仕様となっています。コードがないことで利便性を増したワイヤレスタイプですが、有線タイプに比べると音質が低下することや、バッテリーの充電が必要であることから敬遠するユーザーがいると言われています。

しかし、ボーズのヘッドホンは、ワイヤレスタイプでありながら、有線タイプに劣らない音質を目指し、連続再生時間の延長といったバッテリー持ちの良いタイプも販売されています。また、ノイズキャンセリング対応、マイクを搭載したモデルなど多様なタイプがあり、これまでのワイヤレスヘッドホンの欠点をカバーしつつ、最新の機能を搭載しています。

まとめ

様々なメーカーから販売されているヘッドホン。選択肢が多く迷ってしまいますが、機能性を重視するのか、携帯性やデザイン性、つけ心地などを重視するのか、重要視するポイントによって、それぞれのライフスタイルに合ったタイプを選べるのも魅力です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA