購入前に要注意!「OSMO POCKET」にはズーム機能がない?体験者がレビューする!

みなさん、こんにちは!

今回は小型ジンバルカメラ「OSMO POCKET」についてご紹介していきたいと思います。

軽くて、持ち運びが便利で、しかもジンバル機能が搭載してる「OSMO POCKET」。一度は気になって調べた方も多いのではないでしょうか。

しかし、こんなお悩みをお持ちの人はいないでしょうか。

「OSMO POCKETってズーム撮影できないって本当?」

今回は実際にOSMO POCKETを3ヶ月使用した私がOSMO POCKETのレビューをしていきます。
具体的には、以下の内容についてお伝えして、お悩みを解決できればと思ってます。

  • ズーム機能について
  • OSMO POCKETの魅力について
  • 【補足】ズームにする裏技

現在OSMO POCKETの購入を検討してる方にとって、購入するか否かの判断材料になれば嬉しいです!

では本題にいきましょう〜

【悲報です】OSMO POCKETにはズーム機能がない

早速結論になってしまいますが、残念ながらOSMO POCKETにはズーム機能がありません。

ちなみに、私はこの事実に購入後に気がつきました。調べてなさすぎでしょ!!

いざ撮影現場に行って、遠くの景色を撮影しようと思ったら、
「えっ、ズームできない。どーしようという 、、、」という感じでした(泣)

ということで、以下のような撮影をしたい方には、OSMO POCKETの購入はおすすめしません!!

  • 運動会やお遊戯会の撮影
  • 遠くの画を撮影したい
  • 撮影にズームなどを取り入れたい方

上記のように、被写体を遠くから撮影するシーンが多い場合、ズーム撮影の機能は必須になりますよね。
なので、そのような場合は、OSMO POCKETの後に発売された、「OSMO +」をご検討してみてください!
*まだ日本では販売されていません。

こちらのカメラは、なんとズーム機能が搭載されています。OSMO POCKETのコンパクトさは少し失われますが、ズーム撮影のニーズがあり、かつジンバル機能も欲しい方にとっては、頼もしいカメラになるのではないでしょうか。

【魅力がいっぱい】OSMO POCKETでできること!

OSMO POCKETでズーム撮影ができないことは分かりました。たしかに、ズーム機能がないのは残念ですが、OSMO POCKETにはそれを補う魅力的な特徴がたくさんあります。

動画・カメラ撮影モードが豊富

動画撮影は、

  • ノーマル撮影
  • スローモーショション撮影

カメラ撮影は、

  • ノーマル撮影
  • パノラマ撮影
  • タイムラプス撮影

どのモードで撮影をしても、非常にきれいな映像を撮影することができます。

友達のカメラマンや映像クリエイターも、一眼レフじゃなくても十分だねと言っていました。

カメラに詳しい人でも、納得のカメラ性能ということですね!

持ち歩きに撮影に最適

手のひらサイズのコンパクトさと、116グラムの軽さ。
もうこれだけで十分すぎるスペックですが、これに合わせてジンバル機能も搭載しているという強み。

すぐに撮影できて、さらに手振れがない映像が撮影できる。もう十分すぎるのではないでしょうか。

プロでなく、素人が日常の生活や旅をプロ並みに残していくために開発されたカメラと言っても過言ではありませんね。

OSMO POCKETを使用して、ズームした映像を残したい方へ

どうしても、ズームでアップした映像を残したいというときは1つ裏技があります。

撮影した映像素材のフレームを編集で小さくすることで、画をアップしたように見せることができます。

この方法を私は、試したことがありませんが、以下のような手順になるそうです。

  • 4Kでまず撮影
  • 撮影した映像を編集ソフトのアドビ・プレミア・プロにアップ
  • その素材を、フルHDに設定したシークエンスで編集する

そうすると、4Kの解像度は3840×2160なので、フルHDの約2倍の解像度になっています。
なので、フルHDの1920×1080のシーケンスで編集することで、アップしたかのような映像で書き出されます。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございます。

たしかに、OSMO POCKETにはズーム機能がありません。なので、ズーム撮影が必須になってくる方にはおすすめしませんが、それ以外の方でしたら、ぜひ一度は手に取ってみてください。

あなたの撮影ライフを楽しませてくれるはずですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA