OSMO POCKETの防水機能について解説!おすすめアクセサリーも紹介します!

みなさん、こんにちは!

今回の記事では、気になるOSMO POCKETの防水性についてレビューをしていきたいと思います。

実際に私は、OSMO POCKETを日常で使用しているのですが、知人たちから以下のような質問を受けます。

  • OSMO POCKETって防水機能あるの?
  • 水周りで使用したい時は、どうしているの?

このようなお悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。

この記事では、日常でOSMO POCKETを使用している私が、上記のお悩みを解決できればと思っております!

具体的には、

  • OSMO POCKETの防水機能について
  • アクセサリーで機能を拡張する方法

この記事をお読みいただければ、上記のお悩みは解決できますので、ぜひ最後まで読んで頂けたら幸いです!

OSMO POCKETとは

OSMO POCKETってそもそもどんなカメラだっけ?という方もいると思いますので、簡単にOSMO POCKETの概要について説明していきたいと思います。すでに知っているという方は読み飛ばしてください。

OSMO POCKETの特徴

2018年12月に発売されたOSMO POCKETは、中国の「DJI」というメーカーが発売しています。
特徴は、まず手ブレを強力に補正するジンバルを搭載していながら、片手に収まるほど小型であるという点です。

従来であれば、ジンバルを搭載することで、重量が増したり、かさばってしまうという点がデメリットだったのですが、その点を克服しているカメラになります。

また、カメラの性能も4Kの高画質でかつ60fpsまで対応できるハイスペックの高性能カメラとなっております。
ですので、YoutubeやSNSに、旅行や街歩きなど日常シーンで撮影したキレイな動画をUPしたい方に気軽に使えるアクションカム的存在として、近年大変注目を集めているカメラになります。

OSMO POCKETの防水機能について

そんな気になる存在のOSMO POCKEですが、防水機能が備わっていないという問題点もあります。アウトドアシーンで活用しないという方には問題ないと思いますが、アウトドアシーンでの活用を考えている方にとっては、非常に重要な問題ですので、OSMO POCKEの防水機能と防水機能を補うアクセサリーの紹介をしていきます。

OSMO POCKEは防水機能がない

アクションカムとして、GoProのような使い方を期待してしまいますが、残念ながらOSMO POCKEには一切の防水機能・防塵機能がついておりません。

ですので、OSMO POCKE単体で海や川、山でなどのアウトドアシーンで使用するには、適していないカメラだと思ってます。

OSMO POCKETの防水機能を拡張するアクセサリー

ということで、アウトドア派の人には、なかなか手が出させない商品のOSMO POCKEでしたが、2019年についに防水機能のアクセサリーが発売されました。

これを機会にアウトドア派の方からの需要も伸びていったのではないでしょうか。

OSMO POCKEDJI Osmo Pocket 防水ケース

こちらがDJIの正規品アクセサリーの防水ケースです。

【公式HPより引用】

特徴と持ち合わせている機能を紹介していきます。

【国内正規品】DJI OMPP04 Osmo Pocket 防水ケース
created by Rinker

防水ケースの特徴は?

特徴は、まず防水ケースを使用することで、最大で水深60mまで使用することができます。そのため、ディープダイビングでも使用することが出来ます。

2つ目に、防水ケースにはマウントブラケットが2個あるので、ケースを別の器具などに取り付けることが可能です。例えば、三脚や自撮り棒などのアクセサリーを取り付けたり、水中ライトを取り付けるなど、撮影の幅を広げてくれるマウント的な役割も果たしてくれます。

【公式HPより引用】

3つ目に、外側には2つのボタンがあるので、単体で使用する時と変わらず、正確に操作することができます。しかし、タッチパネルは操作することが出来なくなるため、ケースを装着する前に、事前に撮影モードなど設定を済ましておく必要があります。

4つ目に、防水ケースのレンズには、付属品の曇り止めインサートを活用することで効果的にケースを曇りから守ってくれます。

【公式HPより引用】

曇り止めの効果は永久ではないので、潜る前に交換するのがおすすめです。

こちらのアクセサリーは正規品として設計されているため、細部までこだわり抜かれています。ですので、使用する上で快適な上、安心感もあります。

防水ケースのレビューと防水ケースを買うべき方は?

防水ケースとして、水深60Mまで対応できるということで、それなりのスペックと耐久性なのではないかと思っています。

一方で、ケースをつけることで、ジンバルの動きが制御されたり、タッチパネルが使えなくなくなるど不便な点も目についてしまいます。

ということで、日常使いがメインの方であれば買う必要なしのアクセサリーだと思います。

しかし、水中で絶対に使いたいとか、砂ほこりが舞うアウトドアシーンで活用する予定があるという方には、必須のアイテムになるかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

OSMO POCKETは日常使いでは非常に使い勝手が良いアクションカムとして人気ですが、アウトドアフィールドでは使用範囲が限られてしまいます。

そのような時は、単体での使用ではなく、各機能を拡充するアクセサリーを自身の使用目的に合うようにカスタマイズして使用していくことで、幅広いシーンで活用することが出来ますので、ぜひいろいろみてみてください。

OSMOに関する記事は他にもありますので確認してみてくださいね!

購入前に要注意!「OSMO POCKET」にはズーム機能がない?体験者がレビューする! OSMO POCKETの広角レンズの使用感をレビューします! OSMO POCKETの延長ロッドのレビュー【おすすめです!!】 話題の小型ジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」の使用感レビューします! OSMO POCKET に三脚を取り付ける方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA