iPhone11 Proのトリプルカメラ機能を使いこなそう

3つのレンズがついたトリプルカメラが特徴のiPhone11 Pro。人と会ってトリプルカメラを向けると「あ、それっていいやつだね!」なんて言われると、いい気分になれます(笑)

でも、せっかく3つもあるレンズの機能を使いこなせていないなんてことありませんか?どうせなら、そのトリプルカメラ機能を活かして、SNS投稿や自撮りで褒められてさらにいい気分になりましょう!

今回は、今さら知らないと言えないiPhone11 Proトリプルカメラの機能についてご紹介します。

トリプルカメラとは?

2019年に発売されたiPhone11 Pro、Pro Maxは、iPhone初の3つのレンズを搭載しました。

その機能はそれぞれ「超広角」「広角」「望遠」。

ちなみに「Pro」と名前がつかないiPhone11でも、「超広角」と「広角」の2つのレンズを搭載しています。

「超広角」レンズでは今まで以上に上下左右の広がりが得られるので、広い景色もがっつり画面に入れることができます。

友達が大勢並んでいても大丈夫。「広角」「超広角」機能を使えばはみ出た友人に「もっと寄って!」と言わなくても入るようになるわけです。大勢友達がいる人には助かる機能ですね。

「Pro」は3つ目のレンズ「望遠」がさらにプラスされた機種。望遠がつくことで、カメラ機能がさらに一眼レフに近づいたんです。

背面カメラ・インカメラのスペックを紹介

iPhone11 Proには背面にカメラが3つ、そして内側に自撮り用インカメラが1つついています。

まずはスペックをみていきましょう。

・広角……1200万画素。26mm,f/1.8

・超広角……1200万画素。13mm,f/2.4

・望遠……1200万画素。52mm,f/2.0

・インカメラ……1200万画素。

iPhone11 Proの超広角カメラはF2.4と少し暗めのレンズになりますが、屋内の暗めのところでも問題なく撮影できます。そしてインカメラも画素数がぐっと増えて1200万画素になりました。

 iPhone11 Proのカメラ機能は高性能!

iPhone11 Proと一眼でわかり、その象徴とも言える高性能なトリプルカメラ。ただ撮っているだけでは気づかない、トリプルカメラの使いこなし方を解説します。

広角、超広角、望遠はズーム倍率で自動変換

iPhone11 Proでは、広角、超広角、望遠の切り替えを、倍率を変えることによって自動で設定してくれますが、実は知らないって人も多いのがこの機能。

使い方は簡単。

シャッターボタンのそばに表示されている「1x」を長押しするだけ。

すると、このようなゲージが現れます。

このゲージを動かすことでレンズの切り替えが行われます。

超広角から望遠までの数字は以下の通り。

超広角……0.5

標準……1

望遠……2〜10

写真の枠外も薄く背景が見えるのがおわかりになるでしょうか?

これが超広角で撮影できる部分です。超広角で撮るとさらに撮影できる範囲が広がり、大きな建物の全景を撮ったり、広い空や見渡す限り花畑なんていうシチュエーションも、今までより広範囲撮影できます。

▲0.5倍の超広角の画像。

ちょっとわかりづらいので、こちらの画像も参考にどうぞ。

こちらの建物、背後に距離がないのですが、端から端までしっかりと撮れています。120度撮ることができるんですよ。

また、望遠では10倍までアップにできますので、今まで寄れなかった距離を写すことが可能になりました!

 

インカメラも実は高性能

インカメラは、2016年の7以降ずっと700万画素だったのが、11, 11Pro では1200万画素になり、1.7倍きれいに映るようになりました!しかも実は自撮り棒のように……まではいきませんが、それに近いくらい、広い範囲をカバー、友達が見切れることが少なくなりますよ。

その他のカメラ機能

そのほかにもこのトリプルカメラを活かした機能が搭載されています。

ナイトモード

iPhone11シリーズの新機能、ナイトモード。

暗い場所で撮影しようとすると、自動でオンに切り替わり、左上に黄色いマークが出現します。オンになっていると露出が自動で設定され、暗い場所でもしっかり映るようになるんですよ。

もし手動で設定したい場合は、ナイトモードのアイコンをタップ!シャッターボタンにゲージがあらわれるので、そこで露出を調整してください。

ポートレートモード

雑貨や小物、料理などブツ撮りをする人には、これがかなり使える機能だと思います。トリプルレンズのひとつ、望遠レンズのおかげで、まるで一眼レフで撮ったようなぼかしが入れられるようになったんです。

ただし、対象物があまりに細かいと不必要なところまでぼかしてしまうこともあるので、そこは要注意。

▼こんなことになってしまいます笑

おわかりになるでしょうか?ストローまでぼかされてしまい、おかしなことになってしまいました。あまり細かい部分のぼかしは苦手なようです。

QuickTake200

写真を撮っていて、急に動画が撮りたくなったり、動画中にも写真を撮りたくなったりしませんか?わたしはあります!笑

それが「QuickTake」という機能で可能になったんです。

写真の撮影中なら、シャッターボタンを長押し→右にそのままスワイプするとそのまま撮影

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhone11 Proのトリプルレンズを使いこなせば、友達とのショットにも、SNS投稿のブツ撮りにも差がでますよ!他の人と一味違う写真になりますから、ぜひおためしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA