gopro撮影が苦手な人もスタビライザーとジンバルがサポート!コストが高ければgoproと一緒にレンタルしましょう

gopro撮影が苦手な人もスタビライザーとジンバルがサポート!コストが高ければgoproと一緒にレンタルしましょう

激しい動きに合わせる!スタビライザーを利用しよう

手ブレはやはり常に撮影者たちの悩みのタネです。gopro7が発売され、カメラ自体の光学補正も一段と性能が上がっていますが、やはり物理的な手ブレには限界があります。そんなとき活躍するのが「スタビライザー」です。スタビライザーとは日本語で安定化装置と訳される字のごとくカメラ本体のバランスを保つことで手ブレを防ぐものです。主に電気式と機械式の二種類があります。

ジンバルとは?スタビライザーとの関係を知る

先ほどスタビライザーには二種類あると言いました。機械式とは重りによって物理的に揺れを補正するものです。安価ではあるますが自分で行う調整が多いので初心者向きではありません。一方電気式は水平装置によってモーターが駆動して自動で補正してくれるもので初心者でも扱いやすのが特徴となっています。この電気式スタビライザーのことを「ジンバル」と言います。(ジンバルとは軸を中心に回転させる回転台の一種をさし、この仕組みからジンバルと呼ばれることがあります。)

スタビライザーを利用して楽しく撮影しよう

最近はYouTubeなどの影響もあって固定された映像よりも歩きながら、走りながらの「動きのある」映像が増えてきました。その影響でそういった映像を自分でも撮ろうという人が増えてきています。スタビライザーを使えば手ブレのない美しい映像を撮ることができます。自身のスキルを使って映像の編集をするマニアから、もっと身近に思い出をホームビデオに残したい人まで全ての人にとって映像作りの幅が広がることでしょう。

goproは持っているけど、スタビライザーを使う機会が少ない

goproにはもともと本体に電子手ブレ補正が付いていますが映像自体を補正するので映像自体の質は落ちてしまいます。スタビライザーはカメラ本体を安定させるものなので映像の美しさを保ったまま撮影することができます。スタビライザーには種類が豊富になるため「持ち運びのしやすさ」「バッテリー持ち」「手持ちのしやすさ」「goproの世代別の互換性」をよく確認してください。自分にあったスタビライザーで美しい映像を楽しみましょう。

goproだけじゃない、アクセサリーのレンタルも利用しよう

ここまでgoproのスタビライザーを中心としたgoproアクセサリーについてご紹介してきました。しかし、とはいってもやはりそれらのアクセサリーは高額なものも多く初心者には手を出しにくいということもあります。そういった理由から使用を諦めてしまう事も多い事でしょう。しかし現在ではそういったアクセサリーの「レンタル」というものも発達してきています。期間やそれに合わせた価格を設定できるので使用の頻度に合わせて出費を抑える事ができるようになります。旅行など短期間の使用、大切な思い出を美しい映像で残したい、そんな人はgoproとアクセサリーのレンタルを活用してみてはいかかでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA