iPhoneガラスフィルムにはどんなタイプ・機能があるの?

iPhoneガラスフィルムタイプ

皆さんはどんなガラスフィルムを使っていますか?今時のガラスフィルムはただのガラスフィルムではなく様々な特殊なタイプのガラスフィルムが増えています!どんなタイプがあるのか1つづつ見ていきたいと思います!

指紋防止

指紋防止は、その名前の通りガラスフィルムに指紋がつくのを防止してくれます。

指紋は人間の皮脂によって画面が汚れてしまうので、指紋防止では油の付着を軽減する加工をガラス表面にすることで指紋がつきにくくなります。毎回使用後に指紋がついてしまうと衛生的に他人に貸す時などに不快になります。

抵抗がある人はこの指紋防止機能が付帯したガラスフィルムを購入することをおすすめします。そしてこちらの機能はあくまでも「防止」なので、完全に指紋がつかなくなることはありません。

覗き見防止

iPhoneガラスフィルムミラータイプ

覗き見防止機能は個人情報の流出プライバシーを出来るだけ守りたい人におすすめです。

機能としてはガラスフィルムに正面からしか画面が見えなくなり、横からや上からなどの角度からは画面が見えません。

電車など交通機関では他人との距離が近くなるため、横から個人情報を盗むことを防ぐことができます。

他にも他人に見ている動画などを知られたくない時はありますよね?そんな場合に効果覿面です。

しかしデメリットがあり、覗き防止機能がついたガラスフィルムは少し画面を暗くしてしまいます。

すぐになれるのですが、購入してすぐは少し違和感を感じるかもしれません。

ブルーライトカット

CARDHUガラスフィルムブルーライトカット

CARDHUガラスフィルムブルーライトカット

ブルーライトカット機能がついたガラスフィルムはスマホ画面から出る、目にダメージを与える光をカットして目の負担を軽減してくれる機能です。

普段私たちが見ている光は7色で構成されていて、その中でもブルーライトは目に悪影響を及ぼし目の疲労、脳を興奮させて眠りづらくするなどのデメリットがあります。

最近ではブルーライトカットメガネなどがJINSなどで売られていますが、ブルーライトカットガラスフィルムを使うとスマホからでるブルーライトを直接軽減できるので楽です。

特に子供などは目の成長に悪影響を及ぼすのでブルーライト対策は必要です。

ブルーライトカットも若干貼った時に画面が暗くなったり、黄色く見えるなどのデメリットはあります。

極薄ガラス

スマートフォンにガラスフィルムを貼ることは画面を割ってしまうリスクを軽減できてメリットが大きいのですが、どのガラスフィルムを使っても厚みがあるので、画面で操作した時の反応速度が遅くなったり、タッチする場所がずれてしまったりする可能性があります。実際に使ってもそこまで操作性に差を感じることはないのですが、ゲームをよくする人など細かな操作をする場合気になる可能性があります。

そのような人におすすめなのが極薄ガラスフィルムです。

極薄ガラスフィルムは硬度は落とさずにできる限り薄くしたガラスフィルムです。

極薄フィルムの利用にメリットしかありませんが、少し高額になってしまうデメリットがあります。

ミラータイプ

ミラータイプのガラスフィルムは女性におすすめで、スマートフォンの画面をオフにした時に鏡のように自分を写せます。

ちょっとした化粧直しや自分の見た目をチェックしたい人にとてもおすすめな機能だと言えるでしょう。

他にも画面を消した時に鏡のようにキラキラして見えるので、スマホをおしゃれにしたい人にも需要があります。

しかし、ミラータイプは画面を消した時に鏡になるため、画面をオンにして設定で明るさを低くしていると画面が見づらくなる場合があります

映り込み防止

映り込み防止機能がついたガラスフィルムは、画面に光が反射して見えづらくなることを防止します。

普段から手に持ってスマホを利用するひとはあまり感じないかもしれませんが、スマホを机の上に置いて操作すると、部屋の中にある蛍光灯の光や外出中は太陽の光が画面に反射して、白く見えて見えづらくなることがあります。

さらに、映り込み防止の機能がないガラスフィルムを買った時にフィルムをつけてない時の方が反射されない場合もあります。

今では多くのガラスフィルムにその映り込み防止の機能はついているので購入する際は気をつけましょう。

3Dタッチ対応

3Dタッチとは最近のiPhoneの機能でスクリーンをタッチする強さを感知してプレビュー画面を表示したり機能に応じたメニューを表示したりすることができる機能のことです。

iPhoneのこの機能はとても便利なのですが安いガラスフィルムを貼ってしまうと、この機能がガラスフィルムの厚みによってうまく作用しないことがあります。

iPhoneユーザーの方はガラスフィルムを選ぶポイントとして、3Dタッチ対応しているか確認してから購入することをおすすめします。

アンドロイドにも3Dタッチに似た機能がありますので、そのような機能がついているスマホを持っているのであれば必要な機能となってきます。

飛散防止

飛散防止機能は万が一ガラスフィルムが割れてしまった時にガラスが粉々になることをふせいで、ケガなどを防止することができる機能です。

ガラスフィルムを薄いビニールで加工することで、割れた時にガラスが飛び散りません。

飛散防止機能はほとんどの安全のためについていますが、安くて悪質なものを買ってしまうとこの機能がついていない可能性があるので、ガラスフィルムを購入する際には確認してほしい機能となっております。

確認することで安心して利用することができます。

ガラスフィルムの購入をご検討の方

他の記事で、売れ筋ガラスフィルムについての詳しい紹介記事をご覧ください。

iPhoneガラスフィルムCARDHUiPhoneガラスフィルムCARDHUの紹介! iPhoneガラスフィルムNIMASOiPhoneXガラスフィルムamazonで高評価!NIMASOをご紹介! iPhoneガラスフィルムRANVOO大人気iPhoneガラスフィルムRANVOO(ランブー)の紹介! iPhoneガラスフィルムOAproda一周回っておすすめ?iPhoneX用ガラスフィルムOAproda(オーエープロダ)の紹介! iPhoneガラスフィルムEastsionオススメiPhoneX用ガラスフィルムEastsion(エステション)の紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA