カメラ女子におすすめのおしゃれなデジカメケース6選!

おしゃれなデジカメケースでもっと撮影が好きになる

デジカメケースを選ぶ時の3つのポイント

デザイン

カメラはもはや1つのファッションと言えるでしょう。せっかく身に着けてもっていくものなので、納得のいくデザインを選びましょう。

収納性

機材も目的の分量がスッキリ収納出来るバッグを選びましょう。

機材の取り出しやすさ

一眼レフやミラーレスはレンズ交換することが前提のカメラですので、撮影中に素早くレンズ交換出来るバックというのはとても大事です。

防水性

カメラの大敵は水気ですから、ゲリラ豪雨など急な雨にもしっかり対応出来ると良いです。防水生地を使っていたり、専用のレインカバーが付いてくるものは安心です。

目的別おすすめのデジカメケース

バッグとしても使える便利でおしゃれなデジカメケース

カメラをしっかり保護する性能やハンドリングのしやすさなど起動性能も大事ですが、おしゃれなバッグを持ちたいもの。

カメラバッグの人気トップメーカーLoweproのカメラリュック「タホBP 150」は、レッド・ブルー・ブラックの3色展開ですが、おすすめはなんといってもレッド。燃えるような情熱のレッドがカメラ女子のフォトライフをエキサイティングなものにしてくれるでしょう。仕切りのディバインダーを外すと色んなものを詰め込めるので普段使いでも活躍します。

ケースが邪魔にならずすぐに取り出せるおしゃれなデジカメケース

ショルダーバッグやウエストポーチとしても使える「UPBK Liberty」というバッグ。

このバッグの最大の特徴は、中の仕切りを自由につけ外し、収納するものに対してぴったりと当てはまる空間を作れること。自分のカメラやレンズにあった大きさに仕切りを変えることができるため、バッグの中でも傷をつけず、安心して持ち運ぶことができます。持ち運びやすさと取り出しやすさ、共に満点のバッグです。

デジカメケースがリュックになったカメラ女子に人気のデジカメケース

「BROOKLYN FACTORY」のカメラリュック。かなりおしゃれで、カメラを収納する以外にファッションバッグとしての普段使いもできてかっこいいと思います。

これだけ機能的で、スカートやパンツスタイルどちらにも合うおしゃれなカメラバッグでいて、かなり格安です!本格的にカメラを持って出かける人、ちょっとした趣味程度でカメラを持ち運びたいという人、カメラ女子を名乗りたいだけの人、誰にでもおすすめできるカメラバッグです。

女子に人気!ハイセンスでおしゃれな有名ブランドのデジカメケース

使いやすさ、デザイン性、割安感といった魅力を備えた「カメラバッグ」。機能的でおしゃれでありながら、気軽にブランドを楽しめることから、自然と人気が高まったようです。メタリックのロゴが、なんとも優雅な気分にしてくれる『Prada(プラダ)』のカメラバッグ。主張しすぎないシックなデザインなので、どんなスタイルにも合わせやすいのではないのでしょうか。シンプルなレザーのストラップと、マルチカラーのストラップは、その日の気分で使い分けたいですね。

エリーファクトリーは韓国のカバンを製作している会社で、カメラ女子向けのバッグも手がけています。その中でもプレッピーカメラバッグは、ころんと丸いフォルムにクラシックな見た目が目を引くとってもかわいいバッグになっています。かわいらしい見た目とは裏腹に、カメラバッグの中はカメラを守るためのたくさんの工夫が施されています。カメラバッグの重さも本革の半分なのでとっても軽いというので、これは撮影が楽しくなること間違いなしですね。

簡単にアレンジできるデジカメケースアクセサリー

アレンジの仕方にも色々なものがあります。例えば、女性が使いやすいコンパクトサイズのデジカメを入れておくポーチ。コンパクトサイズのデジカメしか入れられない、手作りポーチ。使う素材は丈夫なレザー生地がおすすめです。さらにベルトに付けられるようにする革ひもや、ショルダーバッグのようにする長いひもを付けてもよいと思います。他にも元々は化粧品や筆記用具などを収めるポーチでしたが、カメラのアップリケを付けることで、デジカメ保管ケースに生まれ変わったというものもいいですね。

使いやすさが変わる!デジカメに取り付けたい人気のおすすめストラップ

デジカメが使いやすくなるストラップのタイプは5つ

①ネックストラップは首から下げて使うタイプで、万が一の時の落下を防いでくれます。

②肩に斜めがけ出来るタイプのカメラストラップをショルダーストラップと呼びます。

③手首に巻きつけて使用するタイプのカメラストラップを、ハンドストラップ、若しくはワンハンドストラップと呼びます。

④速写ストラップとは、思い立ったら直ぐに撮影できるような機能を搭載したストラップのことです。

⑤フローティングストラップは防水なので水辺での撮影に適しています。

デジカメのストラップを選ぶ時のポイント

ネックストラップはフルサイズ一眼レフなどの大きなカメラを使う人には、なるべく幅広いものがおすすめです。一方、コンデジなど小さなカメラを使う人は、ストラップの大きさに注目してみると良いです。ストラップを変えるだけで撮影スタイルまで改善されるかもしれないので、それぞれのネックストラップの特徴を確認して自分に合うものを選ぶことも大切です。最近では、高性能なカメラにさえデザインの違いやカラー展開のあるものが登場しているので、ストラップこそ定番から離れてアクセサリー感覚で楽しんでみてもいいかもしれません。

人気のデジカメネックストラップ:両手が使えて機能的

ネックストラップはカメラの使いやすさを向上させることができます。また自分の好きなストラップにこだわって、カメラを自分らしくできるという面があるのです。その他、ネックストラップには、うっかりの落下などを防止するセキュリティ面の効果があることやカメラを常に首から下げていることで防犯面での効果もあります。さらに、両手が空くことでカメラを持ったままレンズを取り替えたり、他のことや複数のカメラを持つこともできます。

人気のデジカメショルダーストラップ:素早く持ち運びができる

ショルダーストラップは長さが調節出来るものも多いため、ネックストラップとして使うことが出来るものもあります。例えば、プロ用の一眼レフなど重いカメラをご使用の場合は、肩に負担がかかりますので、太めで丈夫なストラップがおすすめです。コンデジやミラーレスなど軽量タイプのカメラにストラップを装着する場合は、細めのものを使用するとバランスが良いです。

人気のデジカメハンドストラップ:ひらめきと同時に瞬時に対応

ハンドストラップはコンデジやミラーレスなど軽量タイプのカメラに付けるのが一般的です。いざという時のために、念のため手首に通しておくと、手から滑り落ちてしまった時に落下せずに済みますので便利です。また、ストラップが短いので収納場所を取らないところも人気の理由です。ハンドストラップは装着の方法が何種類かあり、それぞれで使う目的が違います。使う場面を考えながらピッタリのものを選んでみてください。

人気のデジカメ速写ストラップ:肩からはずれないから安定感抜群

連写ストラップはストラップの長さを瞬時に調節することが出来たり、ストラップを簡単に着脱することが出来るものなどがそれに当たります。プロカメラマンの多くが使用しているタイプのストラップです。たすきがけができてカメラとレンズをからだにより密着させられるために、機材がぶらぶらしないことも利点の一つといえます。「軽装でいたいけれどちゃんと撮りたい」ひとにも使い勝手が良いと思います。

人気のデジカメフローティングストラップ:水辺の撮影に欠かせない

フローティングストラップは水の中に落としても浮くので、カメラをなくす心配がないストラップです。防水カメラや、防水ケースに入れたカメラ専用で、水中で撮影する機会が多い人におすすめします。また、話題の小型で軽量のアクションカメラ「GoPro」にも使用できます。海や川など流れがある場所でカメラを落としてしまうと、見つかる前に流されてしまうことがありますが、これなら安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA