最新GoProHERO7の魅力とは?値段とおすすめの使い方を徹底紹介!

GoProは、動きの激しいアクティブスポーツなどで臨場感溢れる映像を撮影するために作られたデジタルビデオカメラです。
防塵・防水ケースや、様々な場所に装着可能なマウントというオプションパーツを使うことによって、水中の撮影やプレイヤー視点での撮影など多様なニーズに対応できます。
その特徴はまず本体サイズの小ささ。手のひらに収まるほどコンパクトなのに、「Pro」の名にふさわしい高画質・高性能を誇ります。撮影開始と終了をひとつのボタンで操作するだけのシンプルな操作性も便利なポイントです。

GoProシリーズの進化!最新のGoProHERO7

GoProシリーズの最新モデル「GoProHERO7」は、従来のモデルの良い部分をそのままに改良を加えたまさに最新鋭のカメラです。値段と性能差によって3つのバージョンがあり、性能が良い順にBlack、Silver、Whiteと分かれており、ユーザーの需要に合わせて展開されています。

最高性能HERO7Black

これまでのGoProになかったライブストリーミングや別途パーツが必要だった手ブレ補正機能など、ハイユーザーに嬉しい機能が実装されました。

中庸的なHERO7Silver

HERO7Blackに追加されたライブストリーミングや手ブレ補正機能がない代わりに、HERO7Black同様に画質が良い中庸的なGoProです。

初心者向けHERO7White

HERO7Blackのような機能はなく、HERO7BlackやHERO7Sliverに比べると画質も劣るものの初めての人にも手に取りやすい価格のGoProです。

GoProHERO7は他のGoProとは何が違う?

GoProHERO7と従来のGoProシリーズの最大の違いは、セルフタイマーと音声コントロール機能の実装です。この2つの機能によってより躍動的な、臨場感あふれる写真や動画の撮影が可能になりました。
またBlackのみの機能になりますが、動きながらタイムラプス撮影ができる「TimeWarp機能」や、より鮮やかで美しい写真を撮影できる「スーパーフォト機能」などが搭載されています。先に挙げた手ブレ補正の「HyperSmoosh」も、これまでのGoProシリーズにはなかった機能です。

GoProHERO7の使い方

GoProHERO7の使い方はとてもシンプルです。

購入後に画質やコマ送りのコマ数などの初期設定を完了してしまえば、あとは指1本でOK。本体側部にある電源は長押し3秒、撮影の開始と終了を本体上部のボタンで、写真と動画、タイムラプスの切り替えはタッチパネルを操作して行います。
高画質のモードや長時間撮影はバッテリーとメモリ容量の消費が激しいので、撮影の際には予備バッテリーとメモリーカードを忘れずに用意しておきましょう。

GoProHERO7の値段は?

GoProHERO7の本体価格は、GoPro公式サイトの提示価格でBlackが¥53,460、Silverが¥41,580、Whiteが¥29,860となっています。(2019年4月現在)
Whiteは3万円台で、これまでGoProに触れたことがなかった人も手が伸ばしやすくなっています。

変わって最高性能のBlackはWhiteのおよそ2倍近い価格ですが、それでも6万円でお釣りがくるのでカメラの値段としては比較的安価です。複雑な機能はいらないが画質は高いものがいい人向けのSilverはちょうどその中間で、いずれもお手頃価格です。

購入しておきたいおすすめアクセサリー

GoProには様々なアクセサリーが用意されています。

ガラスフィルムや、予備用バッテリー、SDカード、三脚などが挙げられますが、今回紹介したいのは、首から下げるアクセサリーです!

「カメラは首から下げるもの」というイメージはありませんか?GoProは軽量なので首からさげても負担はありませんし、子供目線の画像がとれます。お子様のスポーツ動画を記録したいという方には絶対おすすめのアクセサリーと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA