人気のチェキスクエアの価格は?従来のサイズを一新した新しい形!Sq10の魅力を知ろう

人気のチェキスクエアの価格は?従来のサイズを一新した新しい形!Sq10の魅力を知ろう

チェキの種類は何種類?チェキスクエアの魅力とは?

チェキスクエアは非常に種類が多く何を買ったらいいか分からないという声をよく聞きます。しかし、大きく考えてみると3種類に分けることが出来ます。
「種類」
・instax SQUARE
・instax mini
・instax WIDE 300

この3つの中でも最近急激に人気が出てきているのがチェキスクエアです。
チェキスクエアは正方形で独特な世界を作り出すことが出来るのが魅力です。
画面のサイズもとても大きいので写真の中に背景をたくさんいれて取りたい方におすすめです。

チェキスクエアは他のチェキと何が違うの?

まずはチェキとはなにか知らない人がいると思いますのでチェキについてお話したいと思います。
チェキとは簡単に言うとプリンタとインスタントカメラが合体したものです。
撮ったものはすぐにプリントすることが出来ます。
一般的なチェキは保存可能な写真は1枚です。アナログ的なところが今の時代逆に話題を呼んでいます。
フィルムは一般的なチェキは通常サイズの84mm×54mmです。
チェキスクエアの特徴は正方形のフィルムで撮影することが可能です。サイズは86mm×72mmです。
またデジタル機能を使えるSQ20/SQ10があるのもチェキスクエアの魅力の1つです。デジタル機能により以前までのチェキにはなかった同じ写真を2枚プリント出来たりすることも可能になりました。

価格はどれくらい違うのか?スクエアとその他のチェキ

価格ですがスクエアとその他のチェキには差が結構あります。型落ちしているものだとどれも少しは安くなる傾向にあります。

・instax mini
この機種は比較的安く買えます。値段は8000円程度です。最新機種ですと1万円を超えるものもあります。

・instax WIDE 300
この機種は1万円程度で購入出来ます。
最新機種ですと1万3000円くらいのものもあります。

・instax SQUARE
この機種は1万3000円程度で購入可能です。最新機種ですと1万5000円くらいのものもあります。

安さで主な機種を比べて見ますと
instax mini→instax WIDE 300→instax SQUAREの順番でした。

チェキスクエアは比較的他のチェキに比べて高い傾向にあります。

チェキスクエアの被写体は何がいい?

①動いている被写体
フレームグラブという機能があります。
人が動いていたりするところは写真では取りにくいと思います。しかしチェキスクエアのSQ20は15秒の動画から自分の好きな箇所を選びプリントアウトすることが可能です。

②時間の流れがわかるもの
時間差撮影という新機能があります。画面上に4分割されたものが表示されます。時間差でとった4つのシーンを1枚の写真にすることができます。

③躍動感のある被写体
残存フィルターという機能を使用すれば躍動感のある写真を取ることが出来ます。残存を残してプリント出来るのが特徴です。

チェキスクエアは撮りたいモノのニーズにあった!

チェキスクエアはデジタル化の影響により大幅に売上が下がりました。
一時は生産をストップする寸前までになりました。
しかし、最初の発売から10年の時を経て新しい形で復活をしました。
お客様のニーズに合わせて新流行アイテムとして復活したのです。
SNSの流行「Instagram」と共にチェキも変化していきました。
復活したのはインスタ映えのおかげといっても過言ではないです。

チェキスクエア10は何が出来るの?

チェキスクエア10はいままでのチェキシリーズを受け継ぎながらデジタル機能を追加しました。

①スクエアフォーマット
チェキで初めての正方形の写真撮影可能にしました。

②デジタルイメージング技術
明るさや暗さの調節、近距離での撮影が簡単に出来るようになりました。

③シンプルな操作
編集や加工、プリントをモニター1つで操作可能にしました。
お気に入りの画像や画像を切り取ってプリント出来る機能も追加しました。

④撮影・加工機能
光量を19段階で調節可能になりました。
また、写真を思い通りの雰囲気にするために編集・加工機能を複数追加しました。

⑤シンメトリーデザイン
今までのチェキの特徴である中央レンズリングを残しシャッターのボタンを左右両方に設置しました。
右利き、左利きでも写真を取りやすくなりました。

チェキスクエア10から進化!スクエア20のを知ろう

チェキスクエア20は正方形の写真を取ることが出来るチェキです。
以前までのチェキのアナログ機能とデジタル機能の両方を掛け合わせたハイブリッドな商品です。

これはチェキスクエア10も同じ機能を持っています。
スクエア10と20の最も違うところは動画の中から動きを切り取ってプリント出来る機能が追加されたところです。
どちらを購入するか迷ったらチェキスクエア20をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA