【Apple WatchでのLINE使用方法】便利な実体験と合わせて分かりやすく解説

家事の途中や仕事中など、手が離せない時にLINEの確認ができたら便利ですよね。

Apple WatchにLINEをインストールすることによって、メッセージが届いた時に通知して知らせてくれます。さらにメッセージ内容を確認することもできますし、逆にメッセージやスタンプを送ることも可能です。

わざわざスマートフォンを手に持ちロックを解除する手間もなく、腕を傾けるだけで簡単に確認できるのです。

今回の記事では、Apple WatchでLINEを使う方法について解説していきます。

Apple WatchにLINEをインストールする方法

まずはApple WatchにLINEアプリをインストールします。

簡単にすぐインストールすることができ、時間もかかりません。

インストールする手順としては下記の通りです。

  1. iPhoneとApple Watchを接続
  2. 「Watch」アプリを起動
  3. 「LINE」をインストール

順番に1つずつ説明していくのでみていきましょう。

ステップ1:iPhoneとApple Watchを接続

まずはお使いのiPhoneとApple Watchを接続しましょう。

ペアリングを済ましている人はBluetoothで自動的に接続されるはずです。iPhoneのBluetoothをオンにして自分のApple Watchと接続されているか確認して下さい。

ステップ2:「Watch」アプリを起動

多分1度は見たことあるアイコンだと思います。

なぜなら「Watch」というアプリはiPhoneにもともとダウンロードされているからです。

これを起動します。

ステップ3:LINEをインストール

マイウォッチタブの中の、下の方に「利用可能なAPP」があるはずです。その中にある「LINE」を選択し、インストールします。

最後にApple Watchでラインがインストールされているか確認する。

下の写真のようにLINEのアイコンが追加されていればOK!

ここまででLINEのインストールが完了しました。

次で実際にLINEの通知をApple Watchに反映する方法を解説していきます。

表示や通知の設定を変える方法

Apple WatchにLINEアプリをインストールすることによって簡単にメッセージを確認でき、なにかと便利です。おそらくほとんどの人は、特に何も設定しなくてもApple Watchに通知が届くはずですが、何らかの理由により通知が来ないという人もいます。考えられる理由としては以下の通りです。

  • iPhoneのロックが解除されている
  • iPhoneの通知設定がオフになっている
  • Apple Watchの通知設定がオフになっている
  • その他

1つずつ順番にみていき、通知や表示の設定の仕方を解説していきます。

iPhoneのロックが解除されている

まず始めに通知について知らなければならない基本情報があります。

それはiPhoneのロックが解除されている状態だとApple Watchに通知がこないということです。

通知が届かないときはiPhoneのロックが解除されていた可能性があります。

iPhoneがロックされている状態でないとApple Watchに通知がこないことを覚えておきましょう。

iPhoneの通知設定がオフになっている

iPhoneの設定から通知を選択し、「通知スタイル」の中から「LINE」アプリを選択して下さい。

1番上の「通知を許可」がオンになっているか確認して下さい。オフになっていると通知がこないので注意しましょう。

また、「通知」の「バナー」にチェックを入れなくても通知が届きません。なので必ずチェックが入っているか確認して下さい。

Apple Watchの通知設定がオフになっている

iPhone上で「Watch」アプリを開きます。「通知」を選択し、下の方にスクロールすると「iPhoneから通知を反映」という項目があります。

その中からLINEを探し、オンになっているか確認して下さい。

オフになっていると通知がこないので注意しましょう。

の他

上記の設定をしてもまだ通知がこないという人は、お使いのiPhoneやApple Watchが最新バージョンにアップデートされているか確認しましょう。

また、何らかのバグで一時的に通知がこなくなっている可能性が考えられるので、1度再起動することも試してみて下さい。

それでもどうしても通知がこない場合は、アップルのサポートセンターに電話してバグの原因を突き止めるしかありません。

これでLINEのインストールから通知の設定まで行えました。次からは実際にApple Watchで相手にメッセージを送る方法について解説していきます。

LINEでメッセージを送る方法

いよいよ実際にApple Watchで誰かにメッセージを送る手順の解説です。まさか腕時計からメッセージを送れる時代がくるなんて、、、テクノロジーの進歩には本当驚かされますね。基本的なメッセージの送信には以下の方法があります。

  • 定型文
  • スタンプ&絵文字

それでは順番に1つずつ解説していきますのでみていきましょう。

定型文

LINEで相手にメッセージを送ろうとすると、写真のような画面になります。

これが定型文です。このなかからメッセージを選び送信することが可能となっています。

スタンプ&絵文字

たった今説明した定型文とほぼ一緒なのです。「スタンプ」を選択するとApple Watchから送信可能なスタンプ・絵文字が一覧表示されるので、タップして選択するだけでスタンプ・絵文字を送信することができます。

Apple WatchでLINEが使えて便利だったこと

最後に、私自身がApple WatchでLINEを使用し続けて、便利だと感じたことを4つ紹介したいと思います。

1 メッセージの確認&返信が容易

メッセージがきた瞬間、通知と一緒にメッセージ内容も表示されます。そのため腕を顔の方に傾けるだけで内容が確認できます。ボタンを押す必要やロックを解除する手間もいりません。

そのうえ、先ほどにも書いたようにApple WatchのLINEでは定型文が用意されています。送信できるメッセージのレパートリーが限られているのは欠点でもありますが、ボタン操作だけで返信できるのは非常に便利です。

 

2 既読をつけずメッセージを確認できる

上記で言ったようにメッセージが届いた瞬間に通知と一緒にメッセージ内容も表示されます。しかもそれを見ただけでは既読がつかないんですよね。Apple Watch上でLINEアプリを開いて既読した場合は別ですが、通知で表示されたメッセージを見るぶんには既読にならないのです。

既読をつけたがなにかしらの作業中ですぐ返信することが難しいとき、あると思います。相手からしたら既読がついているのに返信がこないのはもどかしく感じるでしょう。

そういった相手が不快に思うようなことも避けられるので非常に使い勝手がいいです。

 

3 iPhoneを操作できない状況でもApple Watchで解決

会議中や接待、もしくは大事な恋人との時間を過ごす中では、なかなかスマートフォンをいじりづらいはずです。仕事中はもちろんのこと、友人や恋人、上司など、大切な人と一緒にいる時間でスマホをチラチラ見ていると、それをよく思わない人もいるのではないでしょうか。

しかしそんな悩みもApple Watchがあれば解決です。

重要な通知がきてもスマホに触れることなく腕を見るだけで、さりげなく、一瞬で確認できるからです。

Apple Watchがあればどんな場面でも重要な通知は漏らさず瞬時にキャッチできるのがすごい便利でした。

4 防水機能で家事の合間でも安心

Apple Watchは防水機能が備わっています。そのため水につけてもへっちゃらなんです。

家事をこなす人にとっては、洗濯や食器洗いなど水場の仕事はつきものですよね。

メッセージが届いた場合にそれを確認しようにも、手が濡れた状態でiPhoneを触るのは気が引けます。故障の原因にも繋がりかねません。

しかし、もう分かりますよね?Apple Watchならなんの心配もする必要がないんです!手を止めることなく家事と同時進行でできます。

大した要件ではなかった場合はスルーしてそのまま家事を進行できますし、返信が必要な場合でもタップ操作だけでメッセージがを送信できるの非常に便利です。

 

以上私が実際にApple Watchを使って便利だと感じたことでした。

使い方次第ではただの腕時計とは常軌を逸するモノになります。

今回の記事を参考に自分なりの便利な使い方を探してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA