AirPods Proのバッテリーを確認する方法

ワイヤレスイヤホンで高い人気を誇っているAirPods Pro。

有線のイヤホンから無線になったことでコードが絡まったりすることがなくなり、快適な音楽視聴が可能になりました。

しかし、そんなワイヤレスイヤホンの唯一のデメリットでもあるバッテリー駆動時間。

コードレスとなったことでイヤホンにも充電が必要となり、充電切れになれば使えなくなります。

イヤホンのバッテリー残量を確認しながら使用することが、AirPods Proを使用していく上で大事になっていくでしょう。

そこで、今回はAirPods Proのバッテリー残量を確認する方法を紹介します。

AirPods Pro:バッテリー駆動時間

1回の充電で5時間、ケースで何度か充電しながら使用すれば24時間以上と長時間の使用ができます。

5分充電すれば1時間使える急速充電にも対応。

バッテリー残量がなくなると音で知らせてくれますが、無くなる前にバッテリー残量が少なくなったら音が鳴って知らせてくれます。

AirPods Pro:iPhoneでバッテリー残量を確認する

どれだけ充電されていて、あとどれくらい使えるのかを確認するために、AirPods Proのバッテリー残量の確認する方法を紹介します。

iPhoneのウィジェット

ウェジェットとは、iPhoneの開いた時に左から右にスワイプしたときのニュースや天気予報などが表示される画面のことです。

そのウェジェットにAirPods Proのバッテリー残量を確認できます。

使用していないと表示されないので、AirPods Proのケースのフタを開けることで表示されます。

AirPods Proのフタを開ける

iPhoneの近くでAirPods Proのケースのフタを開けると自動的にバッテリー残量が表示されます。

カンタンにAirPods Proの残量が確認できる方法です。

まったく充電が切れてしまっていると表示されないので注意しましょう。

Siriに聞いて確認

iPhoneの自動音声機能であるSiriにAirPods Proのバッテリー残量を確認できます。

「エアーポッツプロの電池残量は?」

とSiriに聞けば教えてくれます。

耳につけているときでも答えてくれます。

AirPods Pro:Androidの場合は専用のアプリで残量を確認

Androidの場合だと、AirPods Proのバッテリー残量を確認することができません。

ですが、専用のアプリをダウンロードして使用することでバッテリー残量を確認できます。

そのアプリが「AirBattery」です。

https://play.google.com/store/apps/details?id=friedrich.georg.airbattery&hl=ja

AirPods Proだけでなく、さまざまなイヤホンやヘッドホンにも対応しているので、使い勝手の良いアプリとして人気があります。

AirPods Pro:Qi充電に対応

Qi充電はコードで充電するのではなく、置くだけで充電ができる充電方法です。

AirPods ProではそのQi充電に対応しており、わざわざコードに挿して充電しなくても置くだけで充電ができます。

このQi充電はiPhone8以降であれば対応しているので、この充電器が1つあればiPhoneと併用して使用できるでしょう。

コードに挿して充電するのが面倒と感じてしまう人は、置くだけで充電されるQi充電器で充電することをオススメします。

AirPods Pro:まとめ

iPhoneの場合は、AirPods Proのバッテリー残量をカンタンに確認できますが、Androidで使用する場合は、アプリをダウンロードしないと確認できないので注意してください。

AirPods Proのバッテリー残量も1回で5時間と決して短いわけではありませんが、お出かけするときはこまめにケースに入れて充電しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA