ガラスフィルムの付属品には何が入ってるの?

ガラスフィルム付属品

iPhoneガラスフィルムの内容物はこれだ!

ガラスフィルムを販売しているメーカーは数多く存在しており、ガラスフィルムを購入した際に付属品が入っている商品がほとんどです。

iPhoneガラスフィルム付属品

商品によって内容物はそれぞれですが、入っている物は以下の通りです。

  • ウェットクリーナー
  • ドライクリーナー
  • ダストアブソーバー
  • アルコールクリーナー
  • ガイドステッカー
  • マイクロファイバークリーナー

ウェットクリーナーとドライクリーナーはほとんどの場合セットで付属していて、ガラスフィルムをスマホに貼る前に画面を綺麗にするために使う物です。

ウェットクリーナーで画面をふいてから乾いたドライクリーナーでふくとこで、画面についた指紋などを綺麗に取り除くことができます。

ダストアブゾーバーは粘着力の弱いテープのようなもので、画面についたホコリをくっつけて取り除くことができます。

アルコールクリーナーが付属している場合、アルコールなので画面をふいてもすぐに乾くためドライクリーナーが必要ありません。

ガイドステッカーはフィルム貼りを失敗しないためにフィルムの端っこをテープで止めて使うものです。貼る前に固定できるのでフィルムがずれることを防止できます。

マイクロファイバークリーナーはメガネを買った際についてくるような布のことで、指紋もホコリもどちらも綺麗にすることができます。

どの付属品がついてくるかは商品によって異なります。

 

ガイドフレームでもうガラスフィルムの貼り付けに失敗しない

付属品の中にはガイドフレームという、フィルムを貼る前にスマホにフレームをはめてから行うことで、貼る位置がずれてしまうことを防ぐ便利なものです。

フィルムを初めて買う人など、自分でつけるのが不安な人にはとてもおすすめで、ガイドフレームが付属したガラスフィルムを選ぶことで、初心者でも簡単に失敗を回避することができます。

ガイドフレームがついている商品はついていない物よりも高くなりますが、フィルムは一度失敗してしまうと貼り直しは難しく、失敗すると一枚損してしまうことがあります。

したがって多少高額でもガイドフレームを利用することで失敗リスクを考えるとおトクと考える人も少なくありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA