iPhoneのVPNとは?そしてなぜそれが必要なのか?

iPhoneのVPNとは?そしてなぜそれが必要なのか? プライバシーは、我々のデジタルライフに欠かせない要素となっており、その結果、近年、デジタルプライバシーに関する議論が盛んに行われています。携帯電話、タブレット端末、ノートパソコンなど、我々のパーソナルデバイスが進化するにつれ、プライベートな写真、パスワード、電子メール、財務データなど、我々の重要かつ機密性の高いデータを持ち歩くことが多くなってきています。 我々が生活する上で、そのデータを保護することはとっても重要になっています。このようなプライバシーに焦点を当てた議論の中で、しばしば飛び交う言葉の1つが「VPN」です。この「VPN」とは何でしょうか。また、なぜプライバシーのために必要なのか。今からご説明しましょう。 VPNとは? VPNは「Virtual Private Network」の略で、ネットワーク(一般的に言うとインターネット)を介して接続された2つのデバイス間をプライベートにかつ安全に接続させることです。VPNは、2つの機器間の通信がトンネルの外の誰にも傍受されないように、そのトンネルを安全に暗号化していると考えることができます。これにより、2つのデバイス間で、プライベートまたは機密のデータや情報を送受信することができます。 簡単に言うと、HTTPS(SSL) を使ってウェブサイトに接続するようなもので、あなたとウェブサイト間のトラフィックはすべて暗号化され安全です。VPNは、あなたのデバイス(クライアント)とVPNサーバーの間のすべてのネットワークトラフィックを保護し、投影するものです。 iPhoneでのVPNはどのように機能するのですか? iPhone用のVPNアプリをダウンロードして設定すると、特別なVPN構成プロファイルが作成され、iPhoneの設定にインストールされます。どのVPNをダウンロードするか決めかねている場合は、このリンクから最高のVPNの一つをダウンロードすることができます: https://surfshark.com/ja/download/ios 一度インストールすると、アプリから直接VPNセッションを有効/無効にしたり、接続先のVPNサーバー国を手動で選択したりすることができるようになります。ドキュメントアプリを使えば、ワンタップでiPhone上のVPNを有効にすることができます。アプリから離れても、VPN接続は有効なまま、すべてのデータを保護してくれます。 VPN機能を有効にすると、iPhoneとの間のすべてのネットワークトラフィックは、安全かつ暗号化された接続を介してVPNサーバーを中継します。iPhoneとサーバーは、あたかも同じローカルネットワーク上にあるかのように動作します。 1. ブラウザでウェブサイトを開いたり、インターネットを利用するアプリを使ったりすると、まず最初にVPNサーバーにリクエストが送信されます。 2. VPNサーバーは、このリクエストをそれぞれのウェブサイトまたはURLのエンドポイントに転送する。 3. ウェブサイト/URLから送信されたすべての応答は、VPNサーバーで受信され、同じ安全なVPN接続を介してiPhoneにリレーバックされます。 実質的には、iPhone → インターネットという安全でない経路での通信ではなく、iPhone → VPNサーバー → インターネットという、「iPhone → VPNサーバー」の通信が保護された経路での通信になります。 VPNの利点と、なぜiPhoneにVPNが必要なのでしょうか? 1. オフィスのネットワークにリモートで接続 — VPN技術を使って、世界中のどこからでも、オフィスのネットワークに保存されているプライベートなデータや機密データにリモートアクセスすることができます。ローカルオフィスネットワーク上にVPNサーバーを設置し、VPN経由でこのサーバーに接続することができます。リードルを含む最近のほとんどのオフィスでは、重要なデータにアクセスするために、従業員がVPNを利用することを要求しています。これは、会社のデータが不正アクセスされる可能性を防ぐためです。 2. 地域制限のあるウェブサイトへのアクセス — これは、今、VPNの最も一般的な使い方の1つです。新しいドキュメントアプリを含むほとんどのVPNアプリでは、世界中の複数のVPNサーバーにアクセスでき、必要に応じて希望の場所を手動で選択することができます。こうすることで、世界中のどこからでも、地域制限のあるウェブサイトや地域依存のあるウェブサイトを閲覧することができるようになります。 3. 公衆Wi-FiやローカルISPでの閲覧履歴を隠す — 上記の例で詳しく説明したように、VPNは、空港やカフェの公衆Wi-Fiネットワークに接続しているとき、または非倫理的なローカルISPを持っているときに、あなたのデバイス上のすべてのブラウジングアクティビティを保護するのに役立ちます。 4. ネットワーク速度制限の回避 — 世界中の多くの場所でいくつかのローカルまたは主要なISPは、いくつかのウェブサイトやサービスの速度を制限しています。VPNトンネルを経由すれば、ISPがあなたのデバイスとVPNサーバーの間で何が起こっているかを検出することはほぼ不可能であり、そのため、速度を制限することは不可能になるので、あなたは、その制限を回避するためにVPN接続を利用することができます。 5. ウェブサイトやアプリのテスト — VPN接続は、世界中のさまざまな国のユーザーがあなたのウェブサイトをどのように利用できるかをテストするのにも役立ちます。VPN経由でネットワークアクセスをシミュレートすることで、ウェブサイトやアプリの読み込みや速度の問題を検証し、簡単に修正することができます。

プライバシーは、我々のデジタルライフに欠かせない要素となっており、その結果、近年、デジタルプライバシーに関する議論が盛んに行われています。携帯電話、タブレット端末、ノートパソコンなど、我々のパーソナルデバイスが進化するにつれ、プライベートな写真、パスワード、電子メール、財務データなど、我々の重要かつ機密性の高いデータを持ち歩くことが多くなってきています。

我々が生活する上で、そのデータを保護することはとっても重要になっています。このようなプライバシーに焦点を当てた議論の中で、しばしば飛び交う言葉の1つが「VPN」です。この「VPN」とは何でしょうか。また、なぜプライバシーのために必要なのか。今からご説明しましょう。

VPNとは?

VPNは「Virtual Private Network」の略で、ネットワーク(一般的に言うとインターネット)を介して接続された2つのデバイス間をプライベートにかつ安全に接続させることです。VPNは、2つの機器間の通信がトンネルの外の誰にも傍受されないように、そのトンネルを安全に暗号化していると考えることができます。これにより、2つのデバイス間で、プライベートまたは機密のデータや情報を送受信することができます。

簡単に言うと、HTTPS(SSL) を使ってウェブサイトに接続するようなもので、あなたとウェブサイト間のトラフィックはすべて暗号化され安全です。VPNは、あなたのデバイス(クライアント)とVPNサーバーの間のすべてのネットワークトラフィックを保護し、投影するものです。

iPhoneでのVPNはどのように機能するのですか?

iPhone用のVPNアプリをダウンロードして設定すると、特別なVPN構成プロファイルが作成され、iPhoneの設定にインストールされます。どのVPNをダウンロードするか決めかねている場合は、このリンクから最高のVPNの一つをダウンロードすることができます: https://surfshark.com/ja/download/ios

一度インストールすると、アプリから直接VPNセッションを有効/無効にしたり、接続先のVPNサーバー国を手動で選択したりすることができるようになります。ドキュメントアプリを使えば、ワンタップでiPhone上のVPNを有効にすることができます。アプリから離れても、VPN接続は有効なまま、すべてのデータを保護してくれます。

VPN機能を有効にすると、iPhoneとの間のすべてのネットワークトラフィックは、安全かつ暗号化された接続を介してVPNサーバーを中継します。iPhoneとサーバーは、あたかも同じローカルネットワーク上にあるかのように動作します。

  1. ブラウザでウェブサイトを開いたり、インターネットを利用するアプリを使ったりすると、まず最初にVPNサーバーにリクエストが送信されます。
  2. VPNサーバーは、このリクエストをそれぞれのウェブサイトまたはURLのエンドポイントに転送する。
  3. ウェブサイト/URLから送信されたすべての応答は、VPNサーバーで受信され、同じ安全なVPN接続を介してiPhoneにリレーバックされます。

実質的には、iPhone → インターネットという安全でない経路での通信ではなく、iPhone → VPNサーバー → インターネットという、「iPhone → VPNサーバー」の通信が保護された経路での通信になります。

VPNの利点と、なぜiPhoneにVPNが必要なのでしょうか?

  1. オフィスのネットワークにリモートで接続 — VPN技術を使って、世界中のどこからでも、オフィスのネットワークに保存されているプライベートなデータや機密データにリモートアクセスすることができます。ローカルオフィスネットワーク上にVPNサーバーを設置し、VPN経由でこのサーバーに接続することができます。リードルを含む最近のほとんどのオフィスでは、重要なデータにアクセスするために、従業員がVPNを利用することを要求しています。これは、会社のデータが不正アクセスされる可能性を防ぐためです。
  2. 地域制限のあるウェブサイトへのアクセス — これは、今、VPNの最も一般的な使い方の1つです。新しいドキュメントアプリを含むほとんどのVPNアプリでは、世界中の複数のVPNサーバーにアクセスでき、必要に応じて希望の場所を手動で選択することができます。こうすることで、世界中のどこからでも、地域制限のあるウェブサイトや地域依存のあるウェブサイトを閲覧することができるようになります。
  3. 公衆Wi-FiやローカルISPでの閲覧履歴を隠す — 上記の例で詳しく説明したように、VPNは、空港やカフェの公衆Wi-Fiネットワークに接続しているとき、または非倫理的なローカルISPを持っているときに、あなたのデバイス上のすべてのブラウジングアクティビティを保護するのに役立ちます。
  4. ネットワーク速度制限の回避 — 世界中の多くの場所でいくつかのローカルまたは主要なISPは、いくつかのウェブサイトやサービスの速度を制限しています。VPNトンネルを経由すれば、ISPがあなたのデバイスとVPNサーバーの間で何が起こっているかを検出することはほぼ不可能であり、そのため、速度を制限することは不可能になるので、あなたは、その制限を回避するためにVPN接続を利用することができます。
  5. ウェブサイトやアプリのテスト — VPN接続は、世界中のさまざまな国のユーザーがあなたのウェブサイトをどのように利用できるかをテストするのにも役立ちます。VPN経由でネットワークアクセスをシミュレートすることで、ウェブサイトやアプリの読み込みや速度の問題を検証し、簡単に修正することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。