いくつおすすめのモニター

映像がよりリアルになる。

モニターはたくさんありすぎて、何から手をつけていいかわからないですよね。しかし、心配しないでください。私たちがお手伝いします。このブログでは、モニターを購入する前に考慮すべき最も重要な要因の概要を説明します。新しいモニターを買うときに何を探すべきか、いくつかのヒントのために読んでください。

お勧めする前に、ディスプレイの基本的な概念を知っておきましょう。

サイズ:

市販のサイズは主にこの範囲のサイズがあります:21.5インチ以下、22インチ-26.9インチ、27インチ-32インチ、32インチ以上。サイズはデスクトップの大きさや用途を考慮して選びましょう。

解像度:

解像度が高いほど画質が高く、色が美しい。主に1440 × 900dpiより解像度が高い方をお勧めします。解像度は1920 × 1080dpiで家庭用に適しています。2560 × 1440dpiと3840 × 2160dpiは,メインフレームのゲームや映像,グラフィック・デザインなどに適している。

画面リフレッシュレート:

60HZ-120HZ:一般ユーザー向け、つまり作家用デスクトップパソコンとして、仕事や娯楽などに利用できる。144 HZ−170 HZ:ハイエンドプレーヤー向けで。シューティングゲームをプレイするには、十分なリフレッシュレートと画面の連続性が必要です。170HZ以上:ゲームや3次元モデルの作成など専門的なニーズに適している。

色域:

色域とは色のカバー範囲である。色域が大きいほど色が濃く豊かで,sRGBとNTSCの2種類がある。よく映画やドラマを見る人には、色豊かなsRGBがおすすめです。オフィスであれば、専門的な技術活働であればNTSCをお勧めします、映像がよりリアルになる。

映像がよりリアルになる。

画面の明るさ:

ゲームや画像処理は最低でも350nit、高ければ高いほどよいので、家庭用は300nitで十分である。

ディスプレイGTG応答時間:

応答時間は早ければ早いほどよいが,主に1ms, 2ms, 5ms, 8msがある。8msはローエンドのディスプレイに適用され、1ms-5msは主にハイエンドのディスプレイに使用され、応答が速く、オフィスも娯楽も楽しむことができる。

 

次はおすすめのディスプレイをいくつかご紹介します。

ASUS XG279Q

ASUS XG279Q

ゲームモニターはASUS XG279Qを推奨しており、2K+IPSパネルタイプで、レスポンスの速さと同時に快感が得られます。画面サイズは32インチ、175HZ+1ミリ秒と強力な組み合わせで、性能は強力です。10.5億色数に2K uhd、160%sRGBと98% dci-p3の色域の組み合わせ、そしてダイナミックHDRと、画質面ではかなり迫力があります。

Huawei monitor MateView

MateView

オフィスとデザインのためのモニターはhuawei monitor MateViewを推奨して、シンプルなスタイルの美学的なデザイン、そして伝統的なディスプレイのデザインを突破して立体スピーカーとマイクを増加して、プロ級の色彩の表示効果、華為MateViewの一大輝点です。28.2インチの大画面、3:2の生産性ディスプレイ、3840×2560の解像度、HDR認証など、よりリアルな色彩を実現している。インターフェイスはフル機能のusb-cが1つ、usb-aが2つ、HDMIが1つ、MiniDPが1つ、3.5mmのイヤホン穴が1つで、huaweiシリーズの他の携帯電話やパソコンなどとの連携も可能。

購入する前に、主な影響要因を考慮することが重要です。これにより、選択したモニタがワークステーションの貴重な補完となり、今後数年で効率を維持できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。