iPhoneのバッテリー寿命を延ばすために出来ること

iPhoneのバッテリー寿命を延ばすために出来ること

Apple社は世界でもトップクラスのエンジニアを大量に抱えている。ここで面白い事実をご紹介すると、同社では2021年に800人ものエンジニアがカメラ開発のみを担当し、少し前には80人ものエンジニアがバッテリーの寿命を延ばすチップ開発に専任で取り掛かっていた。しかしながら、このチップの開発は難航しているようです。

 

Apple社のエンジニアがこうした技術革新を実現するまでの間、本記事ではバッテリーの寿命を延ばす方法をいくつかご紹介いたしましょう。

 

0%から100%への充電を止める

一昔前は、バッテリーを長持ちさせるベストな方法は「充電を使い切り、フル充電することだ」と言われていました。電池が時間とともに容量を意図的に減らしていく「バッテリーメモリー」の機能があった時代には、この方法で確かにバッテリーを長持ちさせることができました。

 

しかし、最近のスマートフォンのバッテリーテクノロジーは違います。iPhoneはフルに充電すると、特に最後の20%充電時にバッテリーへ負荷がかかります。さらに、iPhoneを長時間充電器に入れておくと、数時間ほど100%充電された状態で作動しなければならないなど、さらに負荷が悪化します。特に、夜間に充電する人は注意が必要です。

 

0%での充電もよくありません。バッテリーが動作していない状態では、通常よりも早く容量が減少する可能性があるのです。では、推奨される充電範囲はどのくらいなのでしょうか?基本的には、20%から80%の間で充電することがおすすめです。実際には50%が最適ですが、常に50%にするよう充電しておくことはできませんから…

 

省電力となるよう設定変更を行う

バッテリーの寿命は充電回数で決まります。約500回の充電と放電を繰り返すと、バッテリーは約20%劣化します。劣化具合を少し具体的に見ると、50%から100%への充電でその0.5回分ほどに相当します。つまり、最小限の電力を使うように設定を調整すると、充電回数が減るため、iPhoneのバッテリー交換が必要なラインである充電容量80%までのバッテリー寿命が長持ちするのです。

 

省電力にするためには、「手前に傾けてスリープ解除」機能を無効にしたり、モーションを減少されたり、明るさを減少させる/明るさの自動調整機能を使ったり、自動ロックの時間感覚を短く設定するなどの設定変更を行いましょう。

 

「最適化されたバッテリー充電」をオンにする

これは先程紹介した設定変更に含まれるものでもありますが、とても便利なのでこちらで紹介させていただきます。「最適化されたバッテリー充電」は、AppleがiOS13で導入した機能です。この機能は、Siriの人工知能を使って、ご使用のiPhoneの使用量を推定し、充電サイクルを調整します。例えば、夜間に充電する場合、iPhoneは80%まで充電を一気に行ない、その後、起床時までに残りの20%を充電するようになるのです。この機能は、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーヘルス」で確認できます。

 

iPhoneが熱を持った状態にしないように

iPhoneであろうとなかろうと、ほとんどのバッテリーは極端な温度変化を嫌うものです。 iPhoneのクールダウンシステムはかなり高性能なものですが、その機能にも限界はあります。iOSデバイスの最適な温度範囲は0℃から35℃です。この温度範囲を極端に超えると、バッテリーの劣化を早める原因になります。ですから、夏場、車内にスマホを置きっぱなしにするのは避けるべきです。また、充電中の使用も避け、充電中はケースを外すことも検討しましょう。

 

負荷の高いアプリの使いすぎに注意

メモリ負荷の高いアプリはバッテリーの天敵だといえます。まず、バッテリーの消耗が早くなり、スマートフォンの過熱を招きます。そうなると、スマートフォンを頻繁に充電する必要があり、バッテリーの寿命には有害でしかありません。

バッテリーにやさしいミニゲーム無料のカジノゲームをお試しください。バッテリーの消耗を著しく加速させてしまうゲームとしては、『原神』、『PUBG』、『GRID Autosport』、『SAYONARA WILD HEARTS』などが挙げられます。あ、Facebookもですよ!

 

モバイルデータ通信よりもWi-Fi通信を利用する

Wi-Fi通信を利用することで、バッテリー消費を抑え、充電頻度を減らすのです。Wi-Fiはデータ通信よりもはるかにバッテリー消費が少ないのです。安全なWi-Fi接続ができるときは、モバイルデータ通信をオフにすることを検討してみてください。

 

ダークテーマを使用する

これも省電力に繋がります。ただし、ダークテーマはiPhone X以降のデバイスでのみ有効です。これらのデバイスは有機ELまたはアクティブマトリクス式有機ELのスクリーンを搭載しているので、黒色として表示されるピクセルをオフにすることができるのです。こうしたスクリーンでダークテーマを使うと、多くの電力を節約できます。また、黒とほかの色のコントラストがはっきりしているため、目に優しく、とても綺麗な表示となるのが特徴です。

 

バッテリーの使用状況を把握する

iPhoneの設定にある「バッテリー」セクションには、過去24時間から最大10日間のバッテリー使用状況を示す統計情報が表示されます。これにより、最も電力を消費する時間帯や、最もバッテリーを消耗するアプリケーションを特定することができます。

あまり使っていないにもかかわらず、かなりの電力を消費しているアプリがあるかもしれません。その場合は、画面表示時間を制限したり、アプリを終了したり、完全にアンインストールしてみてください。

 

急速充電を避ける

急速充電はiPhoneのバッテリーにかなりの負荷をかけます。フル充電を急いでいないときは、これを避けるのが無難です。特に夜間に充電する場合や、職場のデスクで充電する場合は、通常の充電を行ないましょう。

 

より低速の充電器を使うか、PCのUSBポート経由で充電してください。また、一部の外付けバッテリーパックや電源プラグは、端末への充電の流れを制限することで、バッテリー寿命の消耗を抑えるようにできています。

 

iPhoneを50%充電した状態で保管する

iPhoneを長期間または一定期間保管する場合には、バッテリーを50%にしておくのがベストでしょう。100%の状態で保管すると、バッテリーの寿命が大幅に短くなる可能性があります。逆に、0%では冬眠のような放電状態となってしまい、バッテリー容量が減少してしまう恐れがあります。

 

まとめ

もちろん、iPhoneは使うために購入したものです。しかし、バッテリーの寿命を延ばすようにした方が、買い替え費用の削減はもちろん、時間の節約、ひいては環境にも優しいのです。バッテリー寿命を延ばす10のポイントは以下となります・

  • 0%から100%への充電を止める
  • 省電力となるよう設定変更を行う
  • 「最適化されたバッテリー充電」をオンにする
  • iPhoneが熱を持った状態にしないように
  • 負荷の高いアプリの使いすぎに注意
  • モバイルデータ通信よりもWi-Fi通信を利用する
  • ダークテーマを使用する
  • バッテリーの使用状況を把握する
  • 急速充電を避ける
  • iPhoneを50%充電した状態で保管する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。