米国では暗号通貨投資家の増加が続く 

米国では暗号通貨投資家の増加が続く 

2022年の暗号通貨は、投資家の数が着実に増えており、波紋を広げ続けています。米国は、暗号通貨の主流採用に向けて力強い前進を続けているため、投資家が急増した上位国の1つです。

新しい調査のおかげで、米国は暗号通貨の最大国の1つになる道を歩んでいると言ってよいでしょう。同国の暗号通貨所有者の大多数は、2021年末までに多くの投資を行いました。

これは、暗号通貨の基本が多くの人々にとって理解しやすいものであり続け、彼らが好みのコインやトークンに投資を続けるよう誘惑していることを示すにすぎません。これは、暗号通貨利用者の着実な増加を保証するものであり、今後数年間の業界の成長にとって大きな意味を持ちます。

暗号通貨投資の急増

Huobi GroupによるCrypto Perception Report 2022によると、米国では2021年末までにビットコインなどの暗号通貨に投資し始めた暗号通貨保有者が約70%存在するといいます。

Huobi Groupは、2021年末までに約3,1000人のアメリカ人を対象に、暗号通貨における知識、1年間の市場の上昇についてどう考えているかなど、様々な調査を行いました。これは、暗号通貨業界にとって巨大な有望な結果をもたらしました。

この調査では、回答者の68%が2021年末の直前に暗号通貨の最初の味を得たことが判明しました。それらの約21%は過去2年間に暗号通貨に投資し始め、回答者の12%は約4年間コインに投資している長年のユーザーである。回答者の9%は4年以上この業界にいます。

調査通り、回答者はコインやトークンにあまり多く投資していません。投資家の46%は、暗号通貨に1,000ドル以下の投資を行ったと回答しています。また25%は、1,000ドルから10,000ドルの価値の暗号通貨を保有しているだけだと答えた。

暗号通貨を完全に統合するにはまだ多くの作業が必要

今回の調査では、良い結果が多く出ている一方で、暗号通貨業界全体としては、まだ多くの疑念があることも示唆されています。暗号通貨に投資するのはリスクが高すぎると感じている回答者が42%もいます。また、約34%が「規制がないことにまだ不安を感じている」と回答し、24%が「投資に必要な資金がまだない」と回答しています。

Huobi GroupのグローバルディレクターであるJeff Mei氏が言うように、2021年はまだ暗号通貨にとって大きな年ですが、この業界が世界的に受け入れられるためには、まだまだ大きな後押しをする必要があります。つまり、暗号通貨が他の通貨の中でその地位を占めるようになるまでには、しばらく時間がかかるということです。

「しかし、メインストリームでの採用が実現するまでには、まだ長い道のりがあります」とMei氏は述べ、「より多くの人が時間をかけて業界を理解し、世界的な規制がより明確になれば、参加者が急増することが予想されます」と話しています。

暗号通貨の基本として、多くの人がその概念についてできる限り理解しようとすることは賢明なことでしょう。このことは、この業界全体についてもっと人々を教育する必要があることをよく表しています。ですから、暗号通貨ビジネスに携わる人々にとって、すべての人にそれを試してもらうことはまだ大きな課題なのです。

米国での小さな進歩は、暗号通貨の未来が確かに明るいことを示しています。これは、暗号通貨にまだまだ期待できることがあることを世界に証明し、多くのユーザーをすぐにハイプに参加するように誘うだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。