日本で絶対に見るべきスポット

日本で絶対に見るべきスポット

皆さんは日本国内でどちらに観光されますか?自然が豊かなところ、大きな城が建っている、いたであろう城跡、御利益を授かれる神社、ほかにも最新設備がある施設や、有名な美術館などがあります。今回はその各種を見ていきましょう!

【東京スカイツリー】

言わずと知れた、電波塔である「東京スカイツリー」は2021年2月29日完成、5月22日に開業しました。こちらは高さが634mあり、最高到達点の展望台は450mの位置にあり、360度全体を見ることが出来ます。晴天時には富士山が見えたり、東京湾がくっきりと見えたり、また夜にはビルの明かりが織りなす、美しい夜景を見ることも出来ます。また、東京スカイツリーに隣接している東京ソラマチでは、スカイツリーの公式キャラクターである、ソラカラちゃんグッズ、東京のお土産、スカイツリー限定スイーツなど、ここにしかないものが多くありますので、ぜひじっくり見てみてください。

そしてこの東京スカイツリーは、これだけではありません。何とその下に、「すみだ水族館」があります。この水族館の特色として、手を伸ばしたら触ってしまうのではないかと思うほどペンギンたちが近くにいる水槽があることです。また、他の水族館と大きく違う点として、アルコールの提供があることが挙げられます。「ペンギンカフェ」で提供された美味しいお酒を片手に、ゆったりと泳ぐペンギンを見ながら、ゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

もう一つの見どころとして、「コニカミノルタプラネタリウム」があります。全シートがリクライニングとなっており、光と音の織り成す、臨場感ある星空を寝た状態で視聴できます。また、アロマを使用したヒーリングプログラムで、癒しを求めたい人にもってこいな幻想体験をすることも出来ます。

【浅草寺】

つづいて浅草寺を見ていきましょう。先ほどのスカイツリーは浅草寺入り口付近から全体像を見ることも出来ますので、そちらもお楽しみください!では、歴史から触れていきましょう。こちらは628年に創立され、東京都内で最古のお寺です。

見どころがいくつかありますが、まずは「雷門」でしょう。大きな赤い提灯がぶら下がるこの場所には、左右に風神と雷神が配置されていますが、実は江戸時代に一度焼失され、昭和になって再建された背景があります。続いて、「宝蔵門」です。こちらは雷門のように、左右に仁王像が配置され、扉の裏にある大きなわらじは、強大な力を持っていた仁王様を表現しているようで、非常に良いパワースポットとなっています。いよいよ「本堂」です。こちらには、本尊の「聖観世音菩薩」が安置されています。また、ここの手前には線香をあげられる場所があり、煙を体の悪い場所に当てることで、そこの悪い部分を浄化してくれるとの言い伝えがあります。多くの観光客の方が口々に「○○が良くなりますように」と願いながら煙をかけています。

そして、浅草寺の前に連なっている商店街を「仲見世通り」といい、250mある参道の左右には、浅草土産の買える場所や飲食店が並んでおり、日本らしいものや、ちょっとしたお土産を買うのには最適な場所です。

【TYFFONIUMお台場】

「ティフォニウム」は、VR、AR、MRといった、没入型のアトラクションを楽しめる施設となっています。映画の世界に自分自身が入り込んだり、タロット占いを出来たり、一見すると眼鏡をかけた人たちがただただ動いているようにしか見えませんが、眼鏡の中では、各物語に沿ったリアルすぎる映像が広がっています。どのように機能するのかを説明していきます。

「コリドール」では、ホラーの物語をお楽しみいただけます。8.5m×4.5mの部屋の中で、眼鏡を装着し、進めていくアトラクションです。細部まで徹底したCGだけでなく、室内の床が振動することで、よりリアルな体験をすることが出来ます。また、VRを体験中の映像は体験者自身の様子も映し出され、自身がその世界に入り込んでいるかのような体験をすることが出来ます。

期間限定のプログラム、例えば「IT/イット」のようなホラー映画や、その他の占い、さらにはFPSゲームへの転用など、多くの楽しみ方が今後登場していくでしょう。また、ティフォニウムとは直接関与していませんが、最近人気になりつつある、カジノオンライン日本などの、オンラインカジノを画面ではなく、実際にラスベガスやマカオといった本場カジノにいるかのような体験をすることが出来るようになる体験施設も計画されているとのことです。

 

さて、ここまでで3種類の見ておきたい場所をあげましたが、日本国内には先に書いた通り、様々な観光地があります。北海道から沖縄まで、47都道府県あり、それぞれの土地ならではの文化や生活を元にした名所が多くあります。さらには、昔から日本には多くの寺社があり、それに伴ってパワースポットと呼ばれる場所も多々ありますので、ぜひ自身の興味があるものを探り、旅をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。