初心者向けがコンデジを選ぶポイント

初心者向けがコンデジを選ぶポイント

高倍率ズームができるコンデジがおすすめ

コンパクトデジタルカメラ・通称コンデジを初めて選ぶ人には、高倍率ズームができるコンデジがおすすめです。お子さんの運動会などの写真撮影や旅行の思い出など、遠くから写真を撮りたくてコンデジを手に取ったなら、高倍率機能は外せません。コンデジに搭載されているのは光学ズームといって、スマホなどのデジタルズームと違い画質を落とさずに拡大してくれます。画質が劣化しないので、遠くにいるのにまるですぐ間近で撮影したような写真が撮れます。

防水機能があるコンデジがおすすめ

さまざまな場所へ出かけるアクティブ派には、防水機能がついたコンデジをおすすめします。キャンプや海水浴、ダイビングなどのアウトドアで撮影をするのに、防水機能は欠かせません。高性能の防水機能を持つコンデジなら急な雨に降られても安心ですし、水辺や水中での撮影も可能です。さらに水圧耐性が搭載されているものであれば、うっかり水の中に落としてしまっても故障の心配が少なく、気軽に持って行けます。

単焦点レンズがついているコンデジがおすすめ

料理の写真をおいしそうにみせたり、背景をぼんやりさせたりといった遠近のメリハリを利かせた写真を撮りたい人には、「単焦点レンズ」というレンズがついたものをおすすめします。単焦点レンズは名前のとおり焦点がひとつしかないので、ズームイン・ズームアウトができません。そして焦点の合わない部分はぼんやりとぼやけたものになります。そのため、焦点を合わせた被写体とそれ以外のメリハリがくっきりとした、印象に残る写真が撮れるのです。

軽量なコンデジを選ぼう

複数のレンズや三脚などの荷物がなく、気軽に持ち運びできるのがコンデジのメリットです。それでもコンデジ本体の重量があると、持っていくのが億劫になってしまうこともあるでしょう。また、シャッターチャンスを狙って構えているとき、重いと感じるものよりも軽いもののほうが体に負担がかかりません。長くカメラを続けるポイントとして、コンデジは軽量のものがおすすめです。

いきなり高いモデルを買う必要はなし

カメラというとどうしても高級品のイメージが抜けないかもしれません。たしかに一眼レフなど高級なカメラは上を見ればキリがありませんが、コンデジなら構造や操作がシンプルで安価なモデルも多数展開されています。高いものを買って持て余してしまうより、最初は価格帯の低いものからチャレンジして、必要ならば少しずつ上を目指すのがいいでしょう。今のカメラでは撮りたい写真が撮れないな、と感じたらそれは脱・初心者の証拠でもあります。自分の求めるスタイルを表現できるコンデジへステップアップしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA