ビットコイン・仮想通貨とは?|日本でもじわじわ人気が出ている

ビットコイン・仮想通貨とは?|日本でもじわじわ人気が出ている

2009年に誕生したときは1BTCで1円以下だったにもかかわらず、2022年2月現在では1BTCで約500万円となりました。テスラといった大手企業が購入しているだけでなく、エルサルバドルの法定通貨にもなっています。日本でも既にビットコインはオンラインカジノやゲームに既に使用されています。今後の変化についていくためにも理解を深めていくことは大切です。

 

ビットコイン(仮想通貨)とは

ビットコインは仮想通貨の仲間です。仮想通貨は日本円やアメリカドルといった国から発行される通貨とは違い、コンピュータ上で保管されている通貨です。その中でもビットコインは仮想通貨の「金」と言われており、価格が高騰していることでたびたび話題になっています。

 

ビットコインは限りがある

仮想通貨はオンライン上で作られるわけですが、すぐに製造できないため購入額が増えるほど価値が上がります。特にビットコインは数に限りのあるぶん、価値も上がりやすいです。逆を言えば皆が売るときに価格は下がります。

 

ビットコイン(仮想通貨)は改ざんされにくい

ブロックチェーンで取引をしているため、ビットコイン(仮想通貨)は誰かに盗まれにくいです。ブロックチェーンは全世界で起こっている仮想通貨での取引をデータとして積み上げています。そのため、ある取引をハッキングしてお金を盗み出したいとき、上乗せされるデータを解く必要があるのです。そのため銀行といった第三者機関で保存するよりも安全だといわれています。

 

送金スピードが早い

第三者機関を通すことなく送金・入金ができるため、数分ほどで取引が完了するのです。そのため、オンラインカジノやゲームなど、オンラインでお金が絡むときにはよく使われています。

 

ビットコインと電子マネーとの違い

電子マネーは日本円やアメリカドルを電子化したものですが、ビットコインはその名の通り、仮想の中でできた通貨です。電子マネーと違い、現金になることはありません。また日本では2022年2月時点で法的通貨として認められていないため、ビットコインでの取引を認める私企業や個人の間でのみ使えます。ビットコインはオンラインカジノやゲーム内での課金で使われることが多いです。

 

ビットコイン 買い方

ビットコイン 買い方:

1.仮想通貨取引所で口座を開く

2.仮想通貨取引所にクレジットカードを登録

3.クレジットカードから仮想通貨取引所内のウォレットへ入金する

4.ウォレット内のお金をビットコインにする

 

ビットコイン 買い方は簡単です。自分が信頼できると感じる仮想通貨取引所を選び、登録します。そしてクレジットカードを登録して、仮想通貨のウォレットにお金を移し、そのお金でビットコインを買うだけです。クレジットカードからウォレットへお金が移動したときの通貨は日本円で変わりなく、ビットコインへ替えるときにBTCになります。そのため、お金をひとまず入れ、買いどきにビットコインを好きな分だけ購入することが可能です。

 

ビットコインが日本でより話題となる前に

ビットコインが日本円に取って変わることがなくとも、日本国内で利用する人が増えています。ビットコインだからこそ持てる安全性や早い送金スピード。日本全体にそのよさが広まる前にビットコインを利用できるようになると、価格が安いうちに購入できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。