ティーンパティにひと工夫:試すべき6つのバリエーション

ティーンパティにひと工夫:試すべき6つのバリエーション

アメリカ、イギリス、マカオとは異なり、インドではすべての地域でギャンブルが合法というわけではありません。1867年に制定された公営ギャンブル法では、州の判断であるとされており、インドの州のみがそれぞれの管轄区域内でギャンブル活動に関する特定の法律を制定することが許されているのです。とはいえ、南アジアのこの国は、優れたカジノゲームの新興国です。インディアン・ラミー、ジャンディ・ムンダ、アンダール・バハール、そしてこのページのティーンパティがその例です。

ティーンパティの概要

ティーンパティは、ポーカーの亜種と勘違いされる方が多いようです。しかし、そのゲームプレイと仕組みは、18世紀のイギリスのカードゲーム「スリーカード・ブラッグ」にインスパイアされています。つまり、52枚の標準的なデッキから、ジョーカーを使わずに最高のスリーカードハンドを作り、ポットを獲得することが主な目的なのです。

ポーカー、スロットゲーム、ブラックジャック、ルーレットなどのカジノの定番は、ランドベースとオンラインの両方のインディアンカジノで人気があるのは周知の通りです。一方、現地のカードゲーム「ティーンパティ」は、世界中で広く楽しまれているのが印象的です。スリーカードブラグによく似ているだけでなく、いくつかのバリエーションがあるからです。このページでは、お気に入りのビットコインカジノ日本のベスト6を紹介しています。

1.   プラスサイン

各プレイヤーに3枚のカードが配られ、その後にプラス記号が表示され、さらに5枚のカードがテーブルに置かれます。この5枚のカードは、オリジナルの「ティーンパティ」と異なり、ジョーカーの役割を果たし、何の価値も持たせることができます。

2.   999

この変種は、その名の通り、9-9-9という数字に限りなく近づくことを目標とします。ただし、表のカードには数値が設定されているので、スーツには意味がないことに注意してください。

3.   パックジャック

このバリエーションもプラスサインに似ています。ここでは、各プレイヤーに3枚のカードが配られ、さらに3枚のジョーカー(ワイルド)カードがテーブルに置かれます。しかし、ここからがエキサイティングなのです。プレイヤーが自分のカードをフォールド(パック)すると、新しい3枚のジョーカーカードが、前のジョーカーカードと入れ替わるのです。

4.   サドンデス

ティーンパティゲームのフィナーレ付近でよく使われるバリエーションです。これは、デッキ全体をシャッフルして、全員に均等に分けるというものです。そして、1人ずつ、誰かが「ストップ!」と叫ぶまで、カードを持ったり落としたりします。全員がこのステップを経た後、自分のパックで最も価値の高いカードを選び始めることができます。もちろん、最も高い価値を持つプレイヤーが勝者となります。

5.   ディスカード・ワン

一方、「ディスカード・ワン」は、「ティーンパティ」をよりスピーディにプレイするために、ぜひとも試していただきたいバリエーションです。なぜなら、最強のスリーカードハンドの組み合わせを得るために何度もベッティングラウンドを繰り返すのではなく、すべてのプレイヤーに4枚のカードが配られるからです。そこから、タイトルにもなっている4枚目のカードを捨てて、最強の3枚を作るのです。

6.   ムフリス

ビットコインカジノ日本でティーンパティをプレイするのは本当に飽きないのでしょうか?通称ローボールと呼ばれるムフリスを試してみてはいかがでしょうか?このゲームは、ハンドランキングシステムを逆転させ、オリジナルのゲームのルールと仕組みを維持しているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。