topへ戻る

Sanrio Puroland × taicoclub

PINK sensation 2017 This browser don't support canvas tag.

2016 TRAILER MOVIE 2016 TRAILER MOVIE Dress code is “PINK” 3000人限定 3000人限定

Taicoclub in Sanrio PurolandHello Kitty 43rd Anniversary Bash !

2017.10.28
Halloween

サンリオピューロランドが
ハロウィーンの夜だけ大人の社交場に大変貌!
ドレスコードはピンク、仮装に取り込んでください。

タイムテーブル

Supported by

singha beer
tangleteezer
musee
gourmandise
HMV
HMV & BOOKS
MKLab
bi-so
JPvapor
vapehack
2016 Trailer Movie

DAY 2017.10.28 [SAT]
OPEN 22:00 START 22:00 CLOSE 05:00 [予定]
特別早割チケット: 3,500円 [9.1 - 9.6]
e+ 300枚限定!

一般前売チケット: 4,500円 [9.8 - 10.27]
4人組グループチケット: 16,000円 [9.8 - 10.27]
当日: 5,500円

当日券の販売を致します。会場入り口にてお買い求めください。
■問合せ:会場・チケットに関して:042-372-6500
(サンリオピューロランドゲストセンター 9:30-17:00 休館日を除く)

チケットの購入はこちらから

e+
チケットぴあ
ローソンチケット

クニフ カオルくん フエチャン マリチャンヌ

2014年よりスタートした
サンリオピューロランド×TAICOCLUBの
ハロウィーン仮装パーティー。
4年目の今年は2017年10/28(sat)に開催決定!
普段とは一変した大人な雰囲気の
サンリオピューロランドにてサンリオの人気キャラクター
「ハローキティ」のバースデーをお祝いし
夢のようなハロウィーンの夜にはじけましょう。

恒例となったカラー指定の
ドレスコード【ピンク】をまとい
ご来場の皆様全員で
再びピンクの
sensationを巻き起こしましょう

ショーン タケシ モエ シンタク

Q&A

全身完全にピンクじゃなくてはいけないんですか?
いいえ、コーディネートのキーカラーとして取り込んでいただければOKです。
荷物はどうしたら良いですか?
会場内には約500個のコインロッカーがございますのでご利用ください。また、コインロッカーが足りない場合は当日会場にご来場頂いたお客様のお荷物をお預かりするためにクロークをご用意しております。クローク袋は、45リットル袋をご利用頂き、1袋¥500にてお預かり致します。
This browser don't support canvas tag.

出演を予定していたQrionがアメリカツアーの影響によりキャンセルとなりました。
出演を楽しみにしていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしてしまい、誠に申しわけございません。
なお、この出演キャンセルに伴うチケットの払い戻し、ご購入頂いたチケットのキャンセルは致しかねます。
何卒ご了承ください。

DAOKO

DAOKO

1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。16歳にして2013年m-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。2014年公開映画「渇き。」では中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3弾作品「ME!ME!ME!」の音楽を、TeddyLoid と担当。世界各国から大きな注目を集める。そして、2015年3月女子高生にしてTOY’ SFACTORY から1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。 彼女らしい独特の世界観はそのままに、新進気鋭トラックメーカー、そして GREAT3 片寄明人 が参加した7組と制作。同年8月17日には渋谷WWW での初ワンマンライブを行い、チケットは即日完売となる。10月21日にはDouble A Side 1st シングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」をリリース。2本の大型MUSIC VIDEO 企画が決定し、第1弾は、日本アニメ(ーター)見本市にて公開された、吉崎響 × DAOKO 企画。スタジオカラーによるアニメーションミュージックビデオ「GIRL」。第2弾は、DAOKO 初の顔出しとなった児玉裕一監督による「ShibuyaK」。ブラインドしていた彼女のその全貌が明らかになった。2016 年1月15日、DAOKO THE FIRST TOUR 、東京 渋谷TSUTAYA O-EAST 公演を完売。大成功を収める。同年4月より、日本で最も注目を集める4人の新世代クリエイター「PALOW× 吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL2016年度新CM そしてCM ソングを担当。印象的な歌声とナレーションは話題を集める。さらに、Reebok CLASSIC が2016年フォーカスする「フューリーライト」のイメージムービー“Reebok CLASSIC Furylite WEB Movie” に DAOKO が出演。さらに、cygames2016年新TVCMに「もしも僕らがGAMEの主役で」が決定。9月には待望のTriple-A Side 2nd Single「 もしも僕らがGAME の主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」が発売。シングルからの2016年ツアー”青色主義” は東京・大阪・韓国4Daysの公演を行い、大成功を収めた。2017年2月より“青色時代” ツアーが決定。そして、制作統括・音響監督を庵野秀明さんが務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーションNHK BSプレミアム アニメ「龍の歯医者」挿入歌『かくれんぼ』にDAOKOが参加。3月にはLINE LIVEによる“タテ型"MV「Portrait Film Project」第2弾アーティストにDAOKOが決定。川村元気氏×関和亮監督が仕掛ける新たな映像表現プロジェクトは20歳になるDAOKOの新たな幕開けに期待を集める。4月より公開されたTVアニメ「神撃のバハムートVIRGIN SOUL」のエンディングテーマには新曲「拝啓グッバイさようなら」が決定。7月同アニメのエンディングテーマとして作詞作 曲をDAOKO が担当し、編曲には江島啓一(サカナクション)が 手掛けた新曲「Cinderella step」が決定。そして8月18日(金)映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌『打上花火』をDAOKO × 米津玄師にて、挿入歌『Forever Friends』をDAOKOにて決定した。

DÉ DÉ MOUSE

DÉ DÉ MOUSE

遠藤大介によるソロプロジェクト。 作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス/マスタリング、映像と多方面に活動し、他作品のプロデュース / 楽曲提供 / remixも行う。 2007年に1stアルバム「tide of stars」でデビュー。サンプリングされたボーカルを再構築するメロディカットアップのキャッチーで不思議なメロディを武器に、多くの人の耳を掴み、ノンプロモーションながら爆発的なヒットとなる。 この「tide of stars」で確立されたメロディカットアップの手法は、煌びやかなシンセサイザーサウンドと、独特な和音構成も相まって、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。 また、トラックメイカー/プロデューサーとしてのライブの追求にも早い段階から積極的であり、2008年からはバンドを従え、フジロックやタイコクラブなど、毎年多くのフェスやイベントに出演。バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続けると共に、プラネタリウムライブや盆踊りイベントの開催など、幅広い活動域を持つ。 海外でも定期的な活動を行い、これまでにイギリス, ドイツ, フランス, カナダ, アメリカにてツアーを成功させている。 台風一過の夕暮れを舞台にした和風VAPER WAVE「sunset girls」(2008)、FFTのデザイナー吉田明彦を起用し話題となった代表的アルバム「A journey to freedom」(2010)、多摩ニュータウンをテーマにしたカラフルなPCMエレクトロニカ「sky was dark」(2012)、全てプログラミングによる、遊園地で繰り広げるシネマティックジャズ/オーケストラ「farwell holiday!」(2015)、他にも90sブレイクスを先取りした「youth 99」(2015)、盆踊りのリズムをモチーフにした「summer twilight」(2016)等、先見性と、一聴してデデマウスだと分かるオリジナリティ、遊び心溢れる作品をリリースし続けている。 1stアルバムから10年となる2017年4月には6枚目のフルアルバム「dream you up」を発表し、新バンドセットにて、全国ツアー「DÉ DÉ MOUSE dream you up tour 2017」、FUJI ROCK FESTIVAL2017、ULTRA JAPANへの出演、中国ツアー開催など、変わらずの精力的な活動が話題となる中、同年9月には配信限定EP「via alpha cenaturi」を早くもリリース。

MURO

MURO

日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMURO。「世界一のDigger」としてプロ デュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。現在もレーベルオフィシャルMIXを数多くリリースし、国内外において絶大な支持を得ている。新規レーベル“TOKYO RECORDS”のプロデューサーにも名を連ねるなど、多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。

Yurufuwa Gang

Yurufuwa Gang

自主制作アルバム「Everyday Is Flyday」が各メディアの2016年間ベストに選ばれるなどブライテスト・ホープの呼び声高いRyugo Ishidaと、フィメール・ラッパーSophiee、そしてプロデューサーのAutomaticによるプロジェクト。2016年にゆるふわギャングを結成し、ミュージックビデオ"Fuckin' Car"がMajor LazorのDiploにツイートされ、海外メディアでも取り上げられる。2017年に発表したファースト・アルバム「Mars Ice House」は、ミュージック・マガジン誌の「日本のヒップホップベスト100」に2017年の作品として唯一ランクインするなど、批評家からの評価も高い。サウンドだけでなくクールなヴィジュアルでも注目を集め、Nikeなどのタイアップにも起用されている。

ZOMBIE CHANG

ZOMBIE-CHANG

メイリンによる音楽プロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)。 作詞作曲からトラックメイク、ライヴパフォーマンスまで全て1人で行う。 ニューウェーブやローファイなどと評されるその音は、80sテクノポップのような雰囲気も。 オリエンタルな音色とアンニュイな歌声が合わさった不可思議なサウンドに中毒者増殖中。

Maika Loubté

Maika Loubté

Maika Loubté [マイカ ルブテ] 日仏ハーフの女性SSW/トラックメーカー。東京在住。幼少期から十代を日本・パリ・香港で過ごし、14歳で作詞/作曲、自宅でのレコーディングを始める。 2016年夏、アルバム『Le Zip』(DIGITAL/CD+42P PHOTO BOOK)をリリース。 2017年3月にリリースしたEP『SKYDIVER』がJ-WAVE 「TOKIO HOT 100」に選出され、番組にも生出演を果たすなど話題となる。 2017年5月、バンコクのUnderworlらが出演の音楽フェス 「SUPER SUMMER SOUND 2017」に出演。そのほか、モデルやファッション・ブランドとのコレボレーション、台湾、中国、フランス、タイでライブを行うなど国内外で活動の幅を広げている。最新作はEP『Candy Haus』。

PAELLAS

PAELLAS

東京を拠点に活動する5人組。あらゆるジャンルの要素を独自のセンスで解釈し生み出すサウンドは、セクシュアルかつロマンチック。都会に漂うメランコリックな情景やその儚さを想起させるライブパフォーマンスも支持され、あらゆるシーンや時代を超えた存在になる可能性を秘めている。

Seiho

Seiho

アシッドジャズが鳴りまくっていた大阪の寿司屋の長男にして、2013 年、中田ヤスタカらと並び MTV 注目のプロデューサー7 人に選出され、Sonar Sound Tokyo に国内アーティストとしては初の2年連続出演(2012 と 2013 年)、Mount Kimbie、2 Many DJ’s、Capital Cities、Disclosure、Flying Lotus らの日本ツアー・オープニングまたは共演、そして同郷 Avec Avec と のポップデュオ Sugar’s Campaign でも注目度↑↑↑のトラックメイカー兼 DJ 兼プロデューサー。2016 年 5 月、3rd アルバ ム『Collapse』を LA 拠点のレーベル Leaving Records/Stones Throw より(国内盤はボーナス・トラックを追加収録し、Beat Records より)リリース。2017 年 3 月には EP『UNREAL』を配信リリースしている。また、他アーティストへのプロデュースやリミ ックス・ワークとして、Les Sins(Toro Y Moi) 、JAMESZOO、三浦大知、YUKI、チャランポランタン、矢野顕子、Ryan Hemsworth、LoFiFNK、東京女子流、さらうんど、パスピエなどを、また、CM 音楽(米ハイチュー、KOSE 「One by KOSE」、キ リン「氷結」、Nikelab など)や TV 番組のサウンド・プロデュースなども多く手掛けている。

Tempalay

Tempalay

東京を中心に活動する、小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)、竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)、藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)による3ピースロックバンド。ライブはサポートメンバーにAAAMYYY (エイミー / Cho&Syn)を加えた4人編成で行う。結成から僅か1 年にしてFUJI ROCK FESTIVAL ’15「ROOKIE A GO-GO」に出演。西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる極彩の脱力系サウンドに中毒者が続出。15年9月にリリースした限定デビューEP『Instant Hawaii』は瞬く間に完売し、カナダからホームシェイクを招聘したリリースパーティーはソールドアウト。16年1月に1stアルバム『from JAPAN』をリリースし、同年3月に行われたアメリカの大型フェスSXSW2016を含む全米ツアーを行うなど国内外でも活躍の場を広げる。17年2月に新作EP『5曲』を発売。尊敬するアンノウン・モータル・オーケストラ来日公演のオープニングアクトを務める。また海外はLAからジェリー・ペッパーを招聘したリリースパーティーを渋谷WWWで開催し成功を収める。17年5月にGAPとのコラボ曲「革命前夜」を配信リリース。話題と注目が集まる中で2度目の出演となったFUJI ROCK FESTIVAL’17では、小原がワクワクしすぎて右指を骨折。そんな緊急事態に仲間のギタリスト達が集結し、1曲ずつギターをバトン代わりに演奏したステージが多くの人の胸を打ち、ちょっとした伝説となる・・・!そして今夏8月30日に待望の2ndアルバム『from JAPAN 2』をリリース!!

CMYK

CMYK

CMYKはヴィンテージソウルや普遍的ジャズ、新興ディスコそして狂ったハウスの音の祭典です。クルーはNomizo, Kirioka, Endo Nao, hyota.の4人の専門家ディガーと視覚伝達家のKatsuto Tamagawaで構成されています。CMYKは世界中の曲のすべての色を提供します。それはあなたが、白、黒、緑、青であるかどうかは関係ありません。あなたが多色である場合もクールです。それでは、私たちはあなたの訪問を楽しみにしています。

Puro Village

Puro Village

巨大な「知恵の木」が中心に立つメインダンスフロア

Fairyland Theater

Fairyland Theater

幻想的な迷いの中のセカンドステージ

Entertainment Hall(FuwaFuewa)

Entertainment Hall(FuwaFuwa)

一晩だけ大人にも解禁されたバルーン遊具ホール

Character food court

Character food court

ドリンク、お食事、休憩が取れるピンク色のフードコート

会場:サンリオピューロランド
住所:東京都多摩市落合1-31
京王線・小田急線・多摩モノレール 「多摩センター駅」徒歩5分

※当日券は前売券が規定数に達した場合、発券しない場合もあります。
予めご了承下さい。

電車でお越しの場合

車でお越しの場合

※イベント当日は施設の駐車場は使用できません。
近隣の駐車場をご利用ください。
■問合せ:会場・チケットに関して:042-372-6500(サンリオピューロランドゲストセンター 9:30-17:00 休館日を除く)

Map Google Map
This browser don't support canvas tag.

■注意事項:

This browser don't support canvas tag.