Sanrio Puroland × taicoclub

PINK sensation 2016

2016 TRAILER MOVIE Dress code is “PINK” 3000人限定 CHOCOLATE MADNESS TANGLE TEEZER BANANA BUS

Taicoclub in Sanrio PurolandHello Kitty 42nd Anniversary Bash !

2016.10.29
Halloween

サンリオピューロランドが
ハロウィーンの夜だけ大人の社交場に大変貌!
ドレスコードはピンク、仮装に取り込んでください。

追加当日券有り! 21:30より会場窓口にて販売。
※当日券は無くなり次第販売終了になります。

OL Killer / テンテンコ /
KAITO a.k.a HIROSHI WATANABE / MURO
SEKITOVA / IO (KANDYTOWN / BCDMG) /
LISACHRIS / Sugar's Campaign /
尾崎裕哉 / 田我流 & Young-G /
Special Guest : DJ Hello Kitty タイムテーブル
Sponsored by
RyuRyu
TANGLE TEEZER
gourmandise
HMV
HMV & BOOKS
TOKYO FM
MAX BRENNER
Shiseido
MACHERIE
2016 Trailer Movie CHOCOLATE MADNESS TANGLE TEEZER BANANA BUS

Ticket

DAY 2016.10.29[SAT]
OPEN 22:00 START 22:00 CLOSE 05:00 [ 予定 ]
チケット 一般前売:5,500円 当日:6,000円

チケットの購入はこちらから

e+
チケットぴあ
P : 633-337
ローソンチケット
【Lコード】33738

※当日券は前売券が規定数に達した場合、発券しない場合もあります。
予めご了承下さい。
■問合せ:会場・チケットに関して:042-372-6500
(サンリオピューロランドゲストセンター 9:30-17:00 休館日を除く)

クニフ フエチャン カオルくん マリチャンヌ

About

2014年よりスタートしたサンリオピューロランド×TAICOCLUBの
ハロウィーン仮装パーティー。
3年目の今年は2016年10月29日(土)に開催決定!
普段とは一変した大人な雰囲気のサンリオピューロランドで
「ハローキティ」のバースデーを祝う夢のようなハロウィーンの夜。

恒例となった【ピンク】のドレスコードで、
再びピンクのセンセーションを
巻き起こしましょう!

ショーン タケシ モエ シンタク
Q&A よくあるご質問

Q&A

全身完全にピンクじゃなくてはいけないんですか?
いいえ、コーディネートのキーカラーとして取り込んでいただければOKです。
荷物はどうしたら良いですか?
会場内には約500個のコインロッカーがございますのでご利用ください。また、コインロッカーが足りない場合は当日会場にご来場頂いたお客様のお荷物をお預かりするためにクロークをご用意しております。クローク袋は、45リットル袋をご利用頂き、1袋¥500にてお預かり致します。

Artist

尾崎裕哉

尾崎裕哉

1989年7月24日東京生まれ。2歳の時、父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間をボストンで過ごす。2005年に帰国、アメリカンスクールを経て、慶應義塾大学院卒業。 2010年InterFM「CONCERNED GENERATION」、2013年InterFM「Between the Lines」のパーソナリティを担当。
音楽を軸にした社会貢献を目指して、楽曲制作とライブを重ね、2016年にTBS「音楽の日」でテレビ生出演を果たす。
父・尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」と自身のオリジナル楽曲「始まりの街」を初披露し、同番組瞬間最高視聴率を記録。
SNS にはコメントの投稿が殺到し、検索ワード、話題のトピックでは軒並み上位にランクインするなど、大反響を巻き起こす。そして、9月5日には「尾崎裕哉」名義として初の音源となる「始まりの街」をリリースする。

田我流 & Young-G

田我流 & Young-G

    山梨を中心に全国的に活躍するラッパー。2011年に公開された富田克也監督の映画「サウダーヂ」で主演を務めたことをきっかけに名前が広がり、2012年4月に発表したアルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。その後eastern youthの企画イベント「極東最前線」にヒップホップアーティストとして初めて出演し、さらにフラワーカンパニーズとのツーマンライブも実施。ヒップホップというジャンルを超えて、さまざまな音楽シーンで活躍している。2013年、ライブドキュメンタリーDVD「B級TOUR -日本編-」発表、2014年には地元一宮のラップグループstillichimiyaとしてアルバム「死んだらどうなる」を発表し、全国ツアーを敢行。

    これまでにeastern youth、七尾旅人、フラワーカンパニーズ、Zazen Boys、Only Love Hurts (面影ラッキーホール)、cero、OGRE YOU ASSHOLEなどと対バンしている。

    2014年より自身のバンド・プロジェクトを始動。2015年にバンド名を「田我流とカイザーソゼ」とし、同名のアルバムを発表する。

    OL Killer

    OL Killer

    トイプードル、ワイルドパーティーの2DJにホワイトタイガーを加えたDJユニット。フジロック2012出演等、規模の大小やジャンルにとらわれず各地の公演に出演中。DJユニットでありながら濃厚なライブ感を放出しオーディエンスの身体を刺激、そしてダンスさせる。未だかつて無い新たなDJプレイのスタイルを模索しているユニット。それがOL Killer。

    テンテンコ

    テンテンコ

    1990年8月27日生まれ。北海道出身。身長142cm。18歳で進学と共に上京し、大学で民俗学を専攻、色々思う事が有り、2013年にBiSにオーディションを経て加入。2014年BiS解散と共に特定の事務所との契約を結ばず完全フリーランスとして活動。2016年よりトイズファクトリー/MIYA TERRACEとマネージメント契約。シングル「good by good girl」のリリース、非常階段美川氏とのノイズユニットMikaTen結成、またDJとして全国各地を巡り、DOMUNEにて5時間DJの決行等..多彩な活動を行っている。
    まさに..「90年代からの日本の"インディー霊"を全て背負っているといっても過言ではない、ヴァリエーションに富んだアヴァンギャルド表現者」オーバグランドとアンダーグランドを自由に行き来し、型にはまらない聖域なき活動を行っている。現在は「歌」「LIVE」「DJ」「ノイズ演奏家」「執筆」「タレント」活動に加え、テレビや雑誌等に活動の幅を広げ、2016年はリリース面でも充実した一年が期待されている。

    KAITO a.k.a HIROSHI WATANABE

    KAITO a.k.a HIROSHI WATANABE

    ドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompakt唯一の日本人アーティストとしてKaito名義の作品を発表する傍ら、ギリシャのKlik Recordsからも作品をリリースしている。2002年に制作したKaitoの1stアルバム『Special Life』に収録された「Intension」がFrancois K.のミックスCDに収録されるなど瞬く間に大反響を呼び、10年以上が経過した現在も色褪せることのない名曲として語り継がれている。その後、Kompaktのコンピレーション・アルバムにも収録された表題曲を含む2ndアルバム『Hundred Million Light Years』を発表。この2枚のアルバムで一躍Kaitoの名は世界中に浸透し、バルセロナのSonar Festivalなどのビック・イベントでライヴを披露した。Kaito名義のオリジナル・アルバムでは常に対になるビートレス・アルバムも制作され、繊細かつ美しい旋律により幅広い音楽ファンに受け入れられている。3rdアルバム『Trust』に対しての『Trust Less』では更にアコースティックな要素も取り入れ、リスニング機能をより高めた作品となった。本名のHiroshi Watanabe名義では自身最大のセールスを記録した1stアルバム『Genesis』に続き、2011年に『Sync Positive』を発表。タイトルが示す通り、リスナーを鼓舞させる渾身の作品となっている。またリミックスを機に交流を深めてきた曽我部恵一との異色コラボレーション・アルバム『Life, Love』ではメランコリックな音像と歌声が溶け合った叙情的なサウンドで新境地を切り拓いている。一方、ニューヨーク在住時代に出会ったグラフィック・デザイナー、北原剛彦とのダウンテンポ・プロジェクトTreadでは、シンプルで柔らかい上音と乾いたビートの融合を絶妙のバランスで確立し、ハウス、テクノ、ヒップ・ホップなどジャンルの壁を越えて多方面から注目を浴びることに。限定生産された5枚のアルバムと4枚のEPは不変の価値を持つ名盤として知られている。2013年にはKompakt設立20周年を記念して制作された2枚組DJミックス『Recontact』を、更にKaito名義としては4年振りとなるアルバム『Until the End of Time』を発表。新生Kaitoとも言える壮大なサウンドスケープが描かれている。2016年初頭にはテクノ史に偉大な軌跡を刻んできたデトロイトのレーベルTransmatよりEP『Multiverse』のリリースが決定している。主宰Derrick Mayの審美眼により極端に純度の高い楽曲のみがナンバリングされるため、近年はリリースそのものが限定的になっている中での出来事。さながら宇宙に燦然と煌めく銀河のようなサウンドが躍動する作品となっており、4月にはEPと同名のアルバムを発表することがアナウンスされている。歴史を創出してきた数多のレーベルを拠点に世界中へ作品を届け続けるHiroshi Watanabe。日本人として前人未到の地へ歩みを進める稀代の音楽家と言えるだろう。

    MURO

    MURO

    日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMURO。80年代後半からKrush Possee、Microphone Pagerでの活動を経て99年にソロとしてメジャーデビュー。以来、MCとしてはもとより、「世界一のDigger」としてプロ デュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。2007年にはミラノで行われたNIKE AIRFORCE 1のイベントでのDJ出演を皮切りにロンドン/アムステルダムでのヨーロッパツアーも敢行。また、同年12月には 北京で行われたFENDIのファッションショーのアフターパーティでDJを、そして2008年4月にはNYのBrooklyn Museumで行われた村上隆氏のエキシビションのオープニングイベントにてDJを行う。また、2008年1月よりOAの安室奈美恵 によるヴィダルサスーンCMタイアップ曲「Rock Steady」のプロデュースや、MISIA「Yes Forever」のリミックスなどを手がける。Microphone Pagerのまさかのリユニオン作で幕を開けた2009年は、NYでのQ-Tipのパーティーのゲストなどの海外プレイやプロデュース・ワークのみならずリリース物も多く、ブルーノート、トロージャン、スタックス などの歴史的音源のミックスCDを次々とリリース。その最中の8月には自身の軌跡を辿るべく、これまで発表リリースしてきた楽曲をインストで繋いだ【DA CREATOR】を発表。また、2010年1月には世界初の試みとなる和物サントラ・オンリーのオフィシャル・ミックスで関係各所やファンの度肝を抜き、ハワイ出身のシンガー=JPとの新ユニットM2Jでは、MISIAの「MAWARE MAWARE」にプロデュース、フィーチュアリング参加でFIFAワールドカップ2010のオフィシャル・アルバムでアジア代表としての世界デビュー。更には初のジャケット本を発売。2011年にはセレクトショップ『DIGOT』をオープン。国内外からのオファーを受け、SALSOULやJAMES BROWN MIX、更にはGREENSLEEVESやISLANDなどレーベルオフィシャルMIXを数多くリリース。昨年、MIX TAPEを作り始めてから30周年を迎えるアニバーサリーイヤーをむかえるなど、多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。

    SEKITOVA

    SEKITOVA

    2012年に17歳でリリースした初アルバム「premature moon and the shooting star」をきっかけに、Big Beach Festival’13やUltra Japan’14、WIRED CLASHなど数々の大舞台に登場。Wombの15周年パーティにはメインステージにて出演。森高千里をフィーチャーしたトラック「Foetus Traum」や「Tokyo Techno Drive (SEKITOVA Remix)」「BAD GIRL (SEKITOVA & TAAR Remix)」など楽曲制作も好調、すでにシーンにおいてかかせないパーツの1人となっている。

    IO

    IO (KANDYTOWN / BCDMG)

    幼少期より同じ街で育ってきたメンバーにより構成されているKANDYTOWN LIFEの中心メンバーであり、JASHWON、BOMBRUSH!、LostFace、G.O.Kらを擁するクリエイター集団、BCDMGのメンバーでもある。ラッパー以外にもアート・ディレクター、ヴィジュアル・クリエイターなど表現者として多彩な顔を持つ今、東京で最も注目の集まるアーティストのひとり。
    2014年末にUNITED ARROWS企画のサイファー「NiCE UA 37.5: “Break Beats is Traditional”」にMURO、ANARCHY、KOHHらとともにKANDYTOWNのメンバーであるYOUNG JUJU、DONY JOINTと揃って参加したことで大きな注目を集める。デビュー前にも関わらずOLLIE誌のカバーを飾った他、EYESCREAMやWOOFINといったファッション・ストリート誌で注目のアーティストにピックアップ。またKID FRESINOの新作『Conq.u.er』収録の"Special Radio"への参加とニューヨークで撮影した同曲のミュージック・ビデオも話題に。2015年11月にはYOUNG JUJU、DONY JOINTとの連名でCARHARTTとのコラボによるフリー・ダウンロード作品『Nothing New』をリリース。2016年2月14日にデビュー・アルバム『Soul Long』をリリースする。

    LISACHRIS

    LISACHRIS

    NY生まれロンドン、東京育ちのDJ、トラックメイカー、プロデューサー。
    2012年よりDJ活動を初め、アートコレクティブレーベルPROPERPEDIGREEに所属し東京都内を中心に海外、日本全国のクラブやパーティーで積極的に活動中。
    幅広いジャンルで活動中。

    Sugar's Campaign

    Sugar's Campaign

    Avec Avec とSeiho により2011 年に結成された新世代都市型スーパーポップユニット。
    「Avec Avec」ことTakuma Hosokawa と「seiho」ことSeiho Hayakawa の2人によって2011年に結成。岡村靖幸、久保田利伸、トッドラングレンや、ポンキッキーズ、90年代アニメなどに強い影響を受け、どこか懐かしさを感じさせる上質なポップソングを制作している。この夏に新作アルバム『ママゴト』をリリースしたばかり。

    Floor

    Puro Village

    Puro Village

    巨大な「知恵の木」が中心に立つメインダンスフロア

    Fairyland Theatre

    Fairyland Theatre

    幻想的な迷いの中のセカンドステージ

    Entertainment Hall(FuwaFuewa)

    Entertainment Hall(FuwaFuwa)

    一晩だけ大人にも解禁されたバルーン遊具ホール

    Character food court

    Character food court

    ドリンク、お食事、休憩が取れるピンク色のフードコート

    Access

    会場:サンリオピューロランド
    住所:東京都多摩市落合1-31
    京王線・小田急線・多摩モノレール 「多摩センター駅」徒歩5分

    電車でお越しの場合

    車でお越しの場合

    ※イベント当日は施設の駐車場は使用できません。
    近隣の駐車場をご利用ください。
    ■問合せ:会場・チケットに関して:042-372-6500(サンリオピューロランドゲストセンター 9:30-17:00 休館日を除く)

    Map Google Map

    ■注意事項: